« 「差」 | トップページ | 「育」 »

2006年12月20日 (水)

「輪」

Dscn0134 去る19日に「はばたくりゅうの会」の発会を兼ねた忘年会を開催頂きました。師走の大変気忙しいこの時期に、多くの青年を中心としたこの会の発会には、私自身のこれからの歩みの中で大きな勇気につながるものであり、かつ様々な意見交換の場、異業種交流の場にもあることを望むところでもあります。
ここでは、私の今後取り組みたい政治課題(基本テーマの医食住)や自己のこれまでの歩みついて触れさせて頂きました。
多少話の時間が長くなってしまった感がありますが・・・。

ものの本によれば、言葉から伝わるのは、全体の7%。
私の話はどれくらい伝わったでしょう。

ご参加の皆様、準備にあたって頂きました皆様、あるいは祝電等を頂戴致しました皆様には、心より感謝とお礼を申し上げます。

Dscn0138_2 「輪」とは、辞書的には、
①円の輪郭。円形。また、それに近い形。
②細くて長い糸・テープなどの両端を結んだもの。必ずしも円に近くなくてもいう。
とのこと。

あらたに出発したこの会も、決して極太で真丸な会ではかもしれません。しかし、細くて様々な形に描きながらも決してその「輪」の形が崩れない、そういいた会になるものと私は強く感じた発会の場面でありました。

Dscn0139

« 「差」 | トップページ | 「育」 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事