« 「育」 | トップページ | 「清」 »

2006年12月26日 (火)

「健」

皆さん、如何お過ごしでしょうか?
いよいよ2006年(平成18年)も幕を閉じようとしていますね。
どうか、皆さんには健やかな平成19年をお迎え下さい。

さて、この週初め遠方へと年末のご挨拶廻りのため出張致しておりました。
最近はcafeを利用されているお客様の顔ぶれといいますか、年齢層や男女など様々です。中でも、割と年齢層の高い女性の方々の語らいの場としての利用が多いように感じました。
たまたま、昼食の時間が取れず訪問時間の合間に入ったcafeでのことです。やはりたまたま隣に居合わせた中年よりややお歳を召した女性二人の会話が耳に入ってきました。
特に、「聞く」というよりFMラジオの如く「耳に入ってきた」というような感じでしょうか。

その話題は、
まず、日常の生活の話題や天候など一般的な時事問題など多岐に亘っておりますが、その内「仕事」をテーマにした話題には景気動向も交えながら自身の仕事のこと、子弟のの仕事のこと、あるいは食べることにしても毎晩の晩酌にしても働いているからこそ美味しく感じるという働くことの重要さが熱く語られ、一瞬お茶をすするのに静けさが広がります。

この時、あぁこれでお帰りになるのかな と勝手に私は思っていたのですが、お茶のすする音が消え再びの静けさの後、一人の女性のついた言葉が「眠れない」。

その話題になるや「健康」についてのお話がとめどなく続き、特に最近の医師不足の問題については本当に危機感をもっているようです。一人が結構詳しく「医師の研修医制度」が始まって以来の医師不足など、説明がなされていました。

健やかな生活を毎日送るという、普通のことが最近では徐々にではありますが難しくなってきています。特に、病気になっていなくても予防医学の分野など私たちの生活は医療と切り離しては出来ないものと思います。

この医師確保に関しては、東京都でのメディカルスクール構想や全国知事会においての厚労省への要望や自民党においてもその対策につき新年度予算に織り込んでいるところです。また、医師派遣事業などが注目されています。
何れにしても地域医療の格差の実情もしっかり踏まえた対策を期待するところです。

« 「育」 | トップページ | 「清」 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事