« 「選」 | トップページ | 「和」 »

2007年1月 7日 (日)

「消」

Dscf02661 今日は物凄い天候でしたね。
雪に雨、そして風です。
爆弾低気圧なんてTVでは言ってますが、様々被害があうようです。未だ風も強く、地域によっては雪がまだ降り続いているようです。
これからも風水害など注意が必要ですね。

さて、災害といいますとその予防や復旧などの活動を日ごろボランティアで行って頂いているのが消防団であります。自分の町は自分で守るという発想から生まれた組織で、ボランティアとしてはドイツなども制度的に整備されているようですが、日本の組織も世界的には非常にボランティアとしての組織充実度は高いようです。その活動や歴史など詳しくは「消防団のホームページ」をご参照いただければと思います。

http://www.fdma.go.jp/syobodan/index.html

この消防団ですが、7日はあいにくの天候により観閲式こそ中止になりましたが、各消防分団の新年会が行われ、私も顔を出させて頂いたところです。

しかしながら、消防団を取り巻く環境も変化しており、地域によっては消防団員数が減少しています。
要因として、そもそも消防団の負担が大きいことに加え、勤労者のサラリーマン化の進行や少子化などが考えられています。
消防庁においては、このような課題に対応するために、企業等への消防活動への理解と協力を呼びかけ、職場ぐるみで消防団活動に協力していただけるように呼びかけ、団員が消防活動に参加しやすい環境を作るために動く等、様々な施策を推進しているところですが、最も大切なのは地域に暮らす私たち一人ひとりが消防団活動に対する理解を深めと協力し、一人ひとりが地域の安全に対してより関心を持つことです。

自分たちのまちを自分たちの手で守るため、これからもより多くの方々が消防団に参加し、新しい守り手として活躍されることを期待しています。

« 「選」 | トップページ | 「和」 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事