« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月

2007年2月28日 (水)

今日で、2月も終わりです。
今年は、やはり気候的に不安定さを一段と感じますね。
「不都合な真実」だったでしょうか、気象に関する映画が気になりますね。

さて、地元議会が開会しました。
様々問題が山積している中での、選挙前の最後の議会になります。
積極的な議論となることと思います。
私も大いに関心を持って注視をしたいと思います。

さて、明日3月1日は自身の「新春の集い」の開催日でもあります。
準備に携わった関係各位の皆様には心よりお礼を申し上げます。

会の様子については、明日以降あらためてご報告させて頂きます。

2007年2月24日 (土)

今日は、朝からてんてこ舞いでした。

まず、金庫の鍵が開かないのです。
事務所には、その体力に不相応な金庫があるのですが、開けられなくなってしまっています。
ダイアルの番号が不明になり、今日一日というか休みということもあり明日も開けられないのかなと思ってます。

こんなことも、ありますね。

2007年2月23日 (金)

本日も一日、お疲れ様です。

必勝ダルマですが、近くで見ると結構大きいものだな、とあらためて思います。

Dscn0283 さて、達磨の由来ですが、・・・文献によると、
達磨(だるま)は、中国禅宗の開祖・菩提達磨に由来するといわれています。達磨の出生地は、南インドの王国の王の第三子であったと伝えられますが定かではないようです。
その後、中国に渡り嵩山(すうさん)という処の少林寺に止宿して、壁に向って九年間座して悟りを開いたという、面壁九年の故事は有名です。

この故事にならい室町時代の頃、起き上り小法師として、おもちゃに作られたようです。赤い衣をまとい、手足のない僧の姿で登場しました。その後、江戸時代中頃に今のような「だるま」の姿になってきました。

赤い衣は、天然痘(ほうそう)除けのまじないとして、倒れないのは、餐蚕・豊作・大漁・商売繁盛の縁起物として、七転八起の福を呼ぶ、めでたい象徴として崇められるようになりました。

とのことです。

私も、達磨のごとく様々な困難を乗り越え、しっかりチャンスをつかんで参ります。何卒、宜しくお願いいたします。

2007年2月20日 (火)

少々風邪気味で、鼻にきてます。
皆さんはいかがですか?
インフルエンザも流行っているようですが、うがい・手洗いを徹底しましょう。

さて、日豪の経済連携協定(EPA)交渉の日程が未定との記事が各紙に掲載されています。先にも触れさせて頂いておりますが、今件は日本の農業に壊滅的影響があることは既に明らかであり、単に選挙が近いからという観点で交渉の先延ばしをしている現状からすると少々事態はそんなに甘いものではないことは察しられるところです。

1月31日には、地元でもこの交渉反対集会が開催され、既に地元要請団が中央要請を行っております。

単純に農業だけでなく、その関連する様々な業種への影響も大きく懸念されるこの交渉につき、もっと身近な問題として捉え、いや日本の食糧安全保障に関わる分野と捉えるなら、その自給率に関わることであり、日本国として取り組むべきではないと考えます。この交渉が始まると、堰を切ったようにアメリカはじめ他の国も同様に要求があるものと思います。

そもそも、WTOにおいて議論されている問題を二国間で処理するというのでは、WTO自体の存在意義はなんなのか?

もっと、真剣に日本国の食糧という国の安全保障としての問題と考え断固反対を訴えていくべきと考えます。

2007年2月19日 (月)

今日は、夕方から急に吹雪になりましたね。
このまま降り続くかとおもいましたが、深夜に止みました。
なんとなく、ほっとしましたね。

Dscn0272 さて、今日は知事が地元入りしたこともあり夕方の役員会が1時間以上も遅れての開催となりました。
日頃の活動報告や情勢の報告などに続き、今後の活動方針や私の理念などを披瀝させて頂きました。
理念やスタンスについて、役員各位には賛同頂き今後の後援会の一層の拡大をお願いしたところです。

さて、知事のお話の中で北海道が生き残るためには時には国に反目し、しかし歩調を合わせることも忘れない、そのバランスが大事とおしゃっておられました。
正しく、今はそういう時代で大きなものへの追従だけでは乗り切れないほどの厳しい環境下にあるものと思います。

今一度、この地域の政治力についてよく考えてみることが必要と思います。

2007年2月18日 (日)

連日、未だに新年会が続きます。
宴会食は控えようと思いますが、結構食べてしまいます。
やはり、メタボが気になりますね。

さて、我が事務所に千羽鶴が飾ってあります。
様々な願いが込められてのものと、あらためて感謝です。

Dscn0274 いつも何気なく毎日が過ぎて行き、あと24時間あればと思う日々です。
そんな中、あるスポーツ団体の総会に出席しました。
若者がこんなにも熱中し、真剣に取り組む姿勢に接し得られたのは貴重に思います。
自分のその時代の気持ちに戻れた気にもなれ、非常に楽しいひと時でした。

風邪やインフルエンザが流行っています。
皆さん、ご注意を!

あすからしばらくまだ券を売る日々です。

2007年2月16日 (金)

雪はもううんざいという方も多いかと思います。
結構降りましたね。釧路には少々多いかななんて思います。

さて、後援会のオリジナルのお酒ができました。
当然非売品ですが。

Dscn0269 「翔龍酒」と命名されております。
味は、保証されませんので、あしからず。
冷えた体を温めるには、日本酒もいいかもしれませんね。

Dscn0270

2007年2月14日 (水)

今日は、聖バレンタインデーですね。
男性の皆さんは、色々な意味でチョコレートを頂いているかと思いますが、いかがでしょうか?

さて、昨日地元市の予算案が発表されました。
超緊縮型の予算となっているようです。
わが街に限らず街の財政については一様に厳しいものがあり、口々に夕張の二の舞にならないようにしなければならないといいますが、実際はほぼそれに近い財政状況にあることは、国をはじめとする財布の中身や収入を考えてみれば一目と思います。

どうすれば、こうした状況から脱却できるのか、いつからこのような状況になってしまったのかなどなどよくよく検証しながら、過去に学び・未来をみつめつつ・今を生きる ことをあらためて思っていたところです。

今日は、ある企業を訪問し「このたびの志は?」との質問を受けたました。
私なりの考えや展望をお話し、ご理解を頂いたところです。

今後とも、地道に私を理解して頂く努力を積み重ねていきたいと思います。 

2007年2月13日 (火)

Photo_m8kyfn4l9lw 昨日になりますが、地元アイスホッケーチームの日本製紙クレインズが2年連続日本リーグ優勝とのニュースがありました。

いやぁ、スポーツ情報音痴の私にとっても、この地元に関わるニュースとしてはとてもうれしいものです。

アイスホッケーといいますと、全国的にはまだまだマイナーなスポーツですが、アメリカなどのNHL(北米リーグ)などは、試合もそうですがその選手のうごきなど見ごたえがあります。日本人の選手も最近ニュースにありましたが、地元出身者がおり、これもまた注目ですね。

地元では愛好者も多く、企業がスポンサーになっているような実業団のリーグもあります。
氷都としての地元です。
これからの、アイスホッケーに限らず、スピードスケートやフィギャアスケートなどの振興は、特色ある街づくりの上で必要なことと思います。

2007年2月12日 (月)

Dscn0268 今日は夕べからの雪が久しぶりに降り積もり、皆さんも休日ではりますが、今朝は除雪からの一日にスタートだったと思います。
本当に、お疲れ様です。
私も、事務所付近の除雪を行いましたが、朝から今日一日が終わった疲労感からのスタートなりました。

さて、今日は地区懇談会を地区会館にて行って頂きました。
特に昨夜からの雪にもかかわらず近隣の多くの皆様にご出席を頂きましたこと、この場をお借りしてお礼申し上げます(ご覧になっている方は、少ないと思いますが・・・)。

私の挨拶も様々な話題にわたり、まとまりが無い感じになってしまった気がします。
もう少し、地域に密着した話題にも言及したいと思いますが、色々話すうちに時間が経過してしまっています。

Dscn0259  今後は、少人数のお茶懇を引き続き行う予定です。
お茶懇開催については順次行いますが、開催をお願いできます方がいらっしゃれば、後援会事務所へのご連絡をお願いします。

連絡先 0154-22-9922
少ない人数でも、といいますか少ないほうが色々お話ができていいと思っています。

何卒、開催をお願いいたします。

2007年2月11日 (日)

今日は、「建国記念の日」です。
祝日法第2条によると、その趣旨は「建国をしのび、国を愛する心を養う」と規定しております。
おりしも、平成11年に国旗・国歌法が施行され、昨年12月には改正教育基本法が成立したところでもあります。

国のあり方や国を思う気持ち、あるいはそれに紐づく国旗や国歌について様々議論はありますが、今日「日章旗」や「君が代」はなんの不自然さも無く法律が施行される以前より私たちの心に根ざしているものと思います。

オリンピックの時に日章旗が掲げられ、君が代が斉唱されると何故か心が打たれます。

さて、今日はその「建国記念の日」に因み、自由民主党において全国的に街宣活動が行われ、私たちもこの風雪の中、3箇所にて実施したところです。

基本的な主張は、先にも述べた国を思う気持ちに関わること、それに付随する事象や北方領土問題等々につき触れながら、之までもそしてこれからも責任政党自民党として確実にかつ着実に国づくり郷土作りのため、その歩を進めることを訴えさせて頂いたところです。

その後は、「建国記念の日を祝う市民の会」に参加し、宮中における両陛下のご公務などのビデオ上映など、しばし懇談のひと時を過ごすことができました。

しかし、今日の街宣活動は寒かったなあ。

2007年2月10日 (土)

久しぶりに、本格的な雪が降っています。

さて、今日 高橋知事の地元入りに併せての集会の会券がまわってきました。
20日(火) 午後1時30分からです。
場所は、市民文化会館です。

地元入りの回数は、これまでと比べ頻繁と思います。

知事に対する評価は様々ですが、「北海道から去る人だからだめ、腰掛だから」ということで、知事の資格が無いという無謀な議論は少々いかがかと・・・・。

やはり、政策や次への期待の程度をもう少し推し図ることが必要でしょう。
まあ、私が申し述べるまでも無く、情報は氾濫しています。
多分、多くの常識と良識が働き、正しい判断をされる方が多いことと思います。

本当になって欲しい人、期待できる人。
誰でも良い訳ではありません。

明日は、市内各所にて街宣活動があります。
雪が心配ですね。

2007年2月 9日 (金)

皆さん、厳寒の2月、いかがお過ごしですか?

事務所開きを終えて、早一週間が経ちますが様々な困難がありまね。
日々、色々な事件が勃発し、私の日程もめまぐるしく変わる状況です。

近時では、朝礼や夕礼、新年会などの参加など色々ありますが、ここに急な日程が入り、時には釧路市内を縦断することもしばしば。
また、阿寒町や音別町へも赴くことも。
まあ、毎日色々あり、24Hでは足りないような気がしますね。

2007年2月 7日 (水)

事務所開き①

事務所開き①

かさいの政策①

プロモーション動画です。

2007年2月 6日 (火)

最近、ようやく一つステップを終え、色々考えることができる「間」が出来たように思います。
事務所開きという、ここまでに至るには、あまりにも余裕が無い状況でした。
しかし、一息つく暇はありません。
連日、役員初め引き回しをお願いしております。

さて、本日の訪問先では、除雪の話題になりました。
例年は、なかなか除雪が入らず、始業時には大変困るとのことですが、今年はこの2月でもほとんど残雪も無く、関東では初雪知らずの春一番も・・・。
地元の運輸関連業種は、排雪を見込んでいるものの、今のところ開店休業状態です。
雪が降りすぎても困りますが、やはり冬なら雪はあるのが普通かと。

これも、地球規模の異常な気象のあらわれでしょうか?
ゴア氏の映画などがすぐに思い浮かんでしますね。

今、人間は様々な「間」を取ることを忘れ、ただ黙々と突き進んできたけれど、必要な「間」=「間隔」をしっかりとる=「時には、後退すること」もあっていいかもしれませんね。

2007年2月 5日 (月)

お知らせ4

お知らせ4

来る3月1日(木)午後6時30分より、後援会の主催によります「新春の集い」が開催されます。

多くの皆様と新春をお祝いし、今後の後援会の結束を固め、その絆を深めたいと思います。

どうか多くの皆様のご参加をお待ち致しております。

会場は、釧路プリンスホテル。

会費は、お一人様2,000円です。

お問い合わせは、後援会事務所0154-22-9922へお願いいたします。

2007年2月 4日 (日)

最近、本当に暖かい気がします。
何といっても、雪が無いんですよ。

さて、今日はカラオケ会の新年会やら消防関連の例会に出席が許され、楽しいひと時を過ごすことができました。

以前にも述べましたが、言葉として人に伝わるのは全体の3㌫なんだということを念頭に、色々ご挨拶させていただいたところです。

しかし、歌はどうでしょうか?
ある意味では同じかなとも感じます。
特に、身振りや声の高低、衣装など様々な要素が一体となり、歌の良し悪しや伝わるのもの有無も決まってくるのではないかと思います。

よく葬儀でも、遺族に語りかけますが、言葉では正直小声ということもありはっきりと聞き取れないことが多いのですが、服装やその場での言葉は勝手に推測され、お悔やみをおっしゃっていることは明白でり、それ以上に目がそれを物語っているのではないのでしょうか。

カラオケ会では、結局一曲披露することになり、気持ちよく会を終えることが出来ました。

関係者の皆様、有り難うございます。

2007年2月 3日 (土)

今日は、節分ですね。
私は、後厄ということで関連の神社にてお祓いをしてきました。

さて、早朝より少々風気味なのか体調もそこそこ。

お祓いでは、集団での神事でした。
太鼓の音ではじまり、祝詞の奏上。
その間に、人形(ひとかた)で体をあちこちさすります。
玉串を奉天し、終了です。

最後に厄除けの杯を頂き、帰宅の路につきました。

事務所では、節分の用意があり、
豆まきで少し恥ずかしい気持ちもあったのですが、
「鬼は外、福は内、票も内」などといいながら、豆をまきました。

帰宅後、更に縁起の恵方巻きを頂きました。
今年は北北西を向いて食べるのがいいそうです。

ますは、習慣としての伝統行事を終えたひと時でした。

2007年2月 2日 (金)

Dscn0228 事務所開き。
本日、10:00より、その神事並びにセレモニーが執り行われました。

神事では、玉串奉天でちょっとしたハプニング。
まあ、なんとかやり過ごしセレモニーへと。
司会の方も緊張気味。

後援会長様より挨拶。
同様に緊張気味。
来賓挨拶。
挨拶の中で、ややちょっとした失言的なものがあり笑い。
ここで会場も和む。

Dscn0220 本人決意表明。
緊張気味で、短めな挨拶になってしまいました。

乾杯。
手元を見ると、杯が物凄くゆれています。
中の牛乳がこぼれるのではと思うくらいでした。

まあ、しかし最後まで進行し、青年部の元気な「ガンバローコール」で
幕を閉じました。

この厳寒の2月に、大変ご多用にも関わらず早朝よりご参加の皆様、準備に関わったスタッフ、後援会役員の皆様には、
あらためて感謝とお礼を申し上げます。

ありがとうございました。

次は、3月の新春の集いがございます。
何卒、多くの方のご参加をお待ちいたしております。

2007年2月 1日 (木)

いよいよ、明日後援会の事務所開きを迎えます。

・・とは言っても準備は大丈夫か?
ご案内はどうか?
神棚の用意は?
祝電披露のの順番は?
玉ぐしの順番は?
出席者の確認は?・・・・などなど。

私はというと、このところ関係者の引き回しで諸準備になかなか気が回らずです。

そして、今日1日の夜。

青年部のお手伝いの要請・・・忘れてたア!!!
出欠確認・・・ギリギリ
音響は大丈夫か?
白い布・・・なし
おまけに、昆布は・・・?
ローソクは、短すぎ。

などなど、その準備に余念がないのですが、なんといってもスタッフはほとんど若葉マーク。
よく、ここま準備が出来たなと、あらためて感謝をする次第です。

この状態です。
明日はどうなることやら。
私の決意表明も、今はまったく頭に無い状況。

事務所開きの模様は、またご報告します。

皆さん、本当に有り難うございす。

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »