« 通 | トップページ | 芸 »

2007年6月23日 (土)

そういえば、今日街づくりのヒントを得ようと参加した会合がありました。
特に商店街の活性化の役に立つかと思われるところで、芸術家の方の講演を主体にするのもでした。

島崎誠さんというガラス工芸家というか、その方の作品の紹介を頂き、街のシンボルになるようなものから、芸術作品まで様々ありました。
特に、ガラスの塊を冷やすのにはとても時間を要するとのことです。
徐冷(私は、サウンドとして除霊と思ってしまいました)という工程で、急激に冷やすと割れてしまうそうです。

そんな、ガラス工芸を通じ、作者は霊的なものを感じつつ、作品製作にあたっているそうです。

尚、結果街づくりという観点ではちょっとこの講演の内容とは違ったな、という感想でしたね。

« 通 | トップページ | 芸 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事