« 乱 | トップページ | 喜 »

2007年9月28日 (金)

ミャンマーの軍部による武力行使で、ミャンマー国はおろか、日本人のフリーカメラマンが犠牲になり、その瞬間の映像が一日中放映されていましたね。

一つは、映像を観ているうちに、本当は大変なことであり、そのような実写を目にすることがこれまであまりないことなのに、感覚としてショックを受けるほどではなかったのは私だけでしょうか。
これは、普段からフィクションおいてそうした映像に慣れていることも要因かなと思いつつ、その映像が流されるたびに目にしていました。

こんことは、パスポートに記載の通り「その通行を妨げない」よう日本国として要請しているのでうすが、邦人保護の観点からも毅然と相手国に詳細の調査とその後のことについて要請して欲しいと思います。

今後の民主化についても様々な国際情勢はあるかとは思いますが、国連において強いリーダーシップの下、少しでも前進して欲しいものです。

ビルマの竪琴という映画でも思い起こされるように、素晴らしい情景と音が溢れる国という印象でしたが、今は銃声が鳴り響きが血を流す情景が放映されていることはとても残念なことです。

さて、今日は朝からMTG(会議)などの合間に小学生のよさこいチームの練習風景を見学しました。物凄い活気があり、近々本番の披露の機会があり、私も楽しみにしている一人です。

« 乱 | トップページ | 喜 »

「ニュース」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事