« 霧日 | トップページ | 閉会 »

2008年6月18日 (水)

晴れ

午前中、委員会における市長さんの総括がありました。
委員会審議において様々な質問が議員から出るわけですが、その中でも特に市長本人にじかに答弁を求める場面で、時間に制限を設けての審議となります。

審議内容は、
①まちの計画遂行達成の為にも、外部(国など)に人材派遣要請をしてはどうか。
 →これまで、そのような考えはもったことはなかったが、専門家はじめ検討してみたい。

②中心市街地のエリア確定は、今般のものでよいのか。広げるべきではないか。
 →広げることにより、二つのテーマを同時進行することになり、衰退しているエリアを優先したい。また、国の認定においてもその方がより現実的である。

③中心市街地における高齢者の居場所作り政策について
 →ポケットパークなどの設置検討したことあるが、財政的にも難。また、これまで高齢者からの要望にはそのようなことはなかったが、今般そういうことも大事だと言うことを念頭に高齢者施策を遂行したい。

④指定管理者の委託業務の再委託について
 →主たる業務の再委託は不可であるにもかかわらず、それが行われており今般監査の指摘を受けている。また、所管の長と委託先の代表が同じはいかがなものか。
 →今後このようなことのないよう厳正に業務を遂行する。また、今般の委託先は営利企業ではないので、同一の代表者であっても厳正な職務の遂行をもって対処する。

⑤年金からの市税の特別徴収(天引き)について
 年金からの特別徴収には問題ないのか。先の後期高齢者医療保険にかかる保険料の過誤請求などのようなことはないか。
また、特別徴収は行政側のコスト削減が主眼ではないか。
 →年金からの特別徴収について問題のないよう業務執行にあたりたい。また、行政側の負担軽減というより、何れにしても支払われるであろう税金の市民の納税手続きの手間を省くという点や、特別徴収によりこれまで年4回の納税サイクルが6回(年金支給回数)になり一回あたりの支払いが軽減されるなどのメリットもある。

質問者から *特別徴収により、逆に回数を多くしていたり分割相談をしていた方々には、6回という回数において負担が増える場合もあることを問題定期しておきたい。

など、というやり取りが70分間の時間制限の間に行われました。

午後は、視察で阿寒町というところの農業施設を訪問しましたが、それにしても、同じ市内で天気が全く異なっているんです。
阿寒は日ざしが眩しいくらいで、暖かっかたな。

« 霧日 | トップページ | 閉会 »

「ニュース」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事