« 国会 | トップページ | 大雪 »

2009年1月 9日 (金)

朝礼

今日の朝礼で次のような内容の挨拶をしました。

虫の目、鳥の目、魚の目。
組織においてどのように個人一人ひとりが有機的に活動するか、そのために一つは虫の目のように複眼的に物事を捉える。次にそれを補う意味で大所高所にたった鳥の目も大事である。更に、潮流を読む・感じることに必要性として水を感じる魚の目。一人がそれぞれ使い分けることもあるし、組織としての役割分担もあるかもしれません。そんなことが大事になってくる時期かなと思います・・・・。

« 国会 | トップページ | 大雪 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事