« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月28日 (火)

公約

民主党はじめ各党それぞれのマニュフェストが発表されましたね。
子育て世代に耳触りのいいテーマや高齢者向けに発信している後期高齢者医療制度の廃止、高速道路の無料化、農業従事者への所得補償制度などなど財源措置は素直に大丈夫かな、と思ってしまいます。

高校の無料化などは、就職する人のことを考えれば税の公平性からすると単純にちょっと不公平感もあるかなと思いますしね。

ただ、自民党も30日とこれからの発表なんですがね。

2009年7月27日 (月)

蒸釜

来年の夏に誘致が決定している東日本Jr体操選手権の次期主催地として視察に入りました。昨日のマラソンの痛みも出てきてちょっと動きがぎこちないのですが・・・。

今年は、埼玉県熊谷市において開催されているのですが、なんといっても蒸し暑いですね。会場も冷房がないので、ただ座っているだけでもじわり汗がにじむところです。

近隣の群馬では竜巻もあったようですね。雷雨など滞在中は天候はちょっと不安定なようですね。

さて、そのような暑さの中、舌戦はどうかと思ったら以外にも静かでした。
熊谷は、以前増田敏男衆議院議員の地元でしたが、あまりポスターもないですね。
宿泊のホテルの隣に幸福実現党が陣取っていますが・・・。

さて、受け入れの体制についてしっかり学んで帰ります!

2009年7月26日 (日)

力走

地元の湿原マラソンに参加です。
今年で3年目、マラソンでの参加は2回目になります。
当日は、曇りで湿度も高く、走りの練習もままならない中での参加で、自分としても大丈夫かと思いましたが、なんとか完走できました。
昨年より2分程遅いタイムでしたが、一時間以内にゴールという目標はなんとかクリアできたところです(汗)

この日は、マラソン後歌謡祭に参加しいつもの歌を熱唱し、引き続き参加者で懇親会と一日があっという間に終わったところです。

H21

この画像は参加者とサポーターとの懇親BBQの様子です。

明日の体のコンディションが心配ですね。

2009年7月25日 (土)

親子

地元阿寒湖温泉で毎年恒例の里親会の研修会及び激励に集いに参加してきました。
里親制度改革の一環で里親さんは年に一度の研修の参加が義務付けられたことによるものです。

今回は、現役の里親さんの里親奮戦記として講演が中心のもので、真の親と子の関係について様々学んだところです。また、引き続いての激励の集いでは、公明の月田議員も参加され、集合写真や里親さんはじめお子さん方との交流させて頂きました。

広く子供にとって良い環境とは、やはり家庭が一番で、それが難しい場合には「家庭的」な環境の提供をどのように確保するかが大事なことと思います。

今、町内会加入率などの問題はじめ地域社会がそうした子育て環境を維持できる状況にない中で、社会の制度としてこうした里親制度など幅広く理解者を増やしていくことが今後一層重要な活動になると考えます。

2009年7月22日 (水)

力量

党道連青年局の役員会がありました。
政策副委員長というポストに就任したところですが、私としても自分の力量が試される時と思ってがんばるつもりです!!

2009年7月21日 (火)

解散

ついに衆議院が解散されましたね。
来月の30日には、どのような結果があるのかわかりませんが、できることを淡々とやるしかないのでしょうね。

逆風を捉えて、順風にする。
最近の天候ではないですが、嵐の真っ只中と言う感じですね。

地元の深い活動が一層重要になりますね。

2009年7月14日 (火)

本音

衆議院に内閣不信任案、参議院に総理の問責決議案が出され、採決されました。
日頃の総理批判、麻生降ろしの積極派も結局のところ反対票を投じ、衆議院では不信任案否決、参議院では野党が多数なので賛成多数との結果になったところです。

なんと言っても、率直にちょっと疑問に思うのは、あれだけ批判し辞職を麻生総理に迫ってはいるものの、不信任案には賛成しないという政治的な戦略は一定程度理解できたとしても、一般的にはやや受け入れられない感情を持つ方が多いかなと感じます。
なかなか本音が見えない政治家の珍しくはっきりした意見が色々党内に出てきていると思っていただけに、少々残念というか、賛成は出来ないまでもせめて欠席するという意思表示はあっても良かったのではないかと、個人的には思っています・・・。

さて、そんな中議連等々の合同パークゴルフ大会があり、鶴居村へと足を伸ばしていました。天候にも恵まれ気持ちのいい一日を過ごしたところです。会場へは伊東さんご本人も顔を出され、一時時間を共有したとことでもあります。

その後は、市内の集会へ参加し、熱気の中で一言お話をさせて頂いたところです。

しかし、地方のこうした地道な活動を党本部はムダにしないで欲しい、とつくづく思います。

2009年7月13日 (月)

流れ

東京都議会選挙の結果、やはり厳しいというか、やはりというか出ましたね。

これで衆院総選挙への動きが一気に活発化することになるか否か?
任期は残すところ2ヶ月余りです。
しかし、公明党さんはきっちり候補者全員の当選を果たしているのは、さすがですね。

健診

9日に健康診断がありました。
体型にやや変化が!!
いいほうにならいいんですが、私としては、あれっ、という感じです。
ただ、数値はあまり変わりないのですが・・・。

メタボについては多くの方が気にしているところと思いますが、釧路市の国保の方々の健診受診率は直近で10数パーセントとあまり高くなんですよね。これが、平成25年までに25パーセントまで高めないと、後期高齢者医療などで自治体負担が高くなると言うペナルティがかかるわけで、今後の受診率向上の対策が必要となりますね。

町内会の加入率の問題や中心市街地の活性化の問題など、地域的な課題は様々なですが、一地域だけで解決し難いのも現実です。定住自立圏構想など、分権とともに広域連携の時代だとつくづく感じます。

2009年7月11日 (土)

視点

11日 石破農林水産大臣をお招きしての党第7選挙区支部主催のセミナーが開催されました。関連で朝食会や一次産業の要望会なども開催されたところでありますが、当日は終日盛会に終えられたと感じています。

しかし、石破大臣のお話を伺うと一層有権者の厳しい目があり、特に東京都議会議員選挙を控えた応援でも、話を聞いてもらえれば今の政権の取り組みについて一定の評価をしてもらえるが、話も聞いてくれないという状況だということです。
しかし、ようやく経済の向きが少し変りつつある今日ではりますが、やはり何かを変えたいという大きなうねりのようなものがあるのか、大都市に限らず地方都市においても有権者の視点がどこにあるのかを今更ながらにきっちりと読み取ることが必要だと、更に感じるセミナーでありました。

2009年7月 9日 (木)

試食

4日に公明さんの主催によりますエミュー試食会が行われました。
これは珍しいと思い、進んで参加したところですが、色々勉強になりました。
エミューは、オーストラリアに生息する動物で、しかし環境への適応能力が抜群で、北海道のような気候でも生育が可能な動物なんだそうです。また、飼育も比較的楽でかつ成長が早いというのも特徴です。ダチョウとはまた違い足の指は3本なんです。

このエミューですが、肉の調理に方法については今後色々考案されていくことと思いますが、この油は大変いいもので、エミューオイルとして製品化されており、特に保湿性という点では優れているそうです。

さて、試食会では、竜田揚げやカルパッチョ、キーマカレー風yパスタなど様々に調理されて、色々楽しむことが出来ましたが、個人的には竜田揚げがよかったかと思っています。

ところで、議会の報告ですが、
訪越と石炭産業についてであります。
6月の上旬に釧路市・議会・民間の訪越が行われたところでありますが、今後文化や芸能あるいはその他の交流事業も国とは別にこの釧路市が独自に行ってはどうか?特に、来年はベトナムにおいて首都ハノイ移転1000年という節目にもなり、いい機会と捉えることが出来る。こうしたことが、更に地元石炭産業の維持につながるが、どうか?と言った内容の趣旨で質したところです。

→ 様々な角度での交流は大事であり、そのことが地域の産業の維持につながるということは大きなファクターであると考える。その上で、まず地元における研修生との交流事業を一層充実させ、更にどのようなことが出来るか、引き続き検討したい、とのことでありました。

2009年7月 4日 (土)

講演

6月下旬、公明党関係の地元セミナーがあり、参加しました。
「ひきこもり」に関するセミナーでしたが、大変参考になりまた。
講師は、関西で現役の就労支援を担当している方で、気力・体力・説明力・・・など就労支援7カ条などというものもあり、非常に楽しく公聴することができました。
20090626

講師によれば、
「ひきこもり」の当事者のみならず、両親やの役割などを明確にし、家から出た後が本格的な就労支援活動の始まりであり、最後まで話を聞く・付き合っていく姿勢が重要でるというものでありました。

当日は、会場がいっぱいになるくらいの聴衆で、関心の高さが伺われます。

さて、昨日東京都議会議員選挙が告示され、さらに衆院選が気になるところとなってきました。地元でも、私は出席ができませんでしたが、選対の再度の事務所開きが行われ、機運も高まっているところです。

暑い夏が、本番になりますね。

2009年7月 2日 (木)

風景

あっという間に7月になってしまいましたね。
先週末は、久しぶりの太陽を燦々と浴びたことと思います。

6月19日に開催された運動会は霧雨混じりで大変だったかと思いますが、先生やご父兄の協力でなんとか日程を午前中に繰り上げて無事終了したところです。
翌週の平日や週末へ延期した学校も多く、毎年ですが近くの小学校を訪問したところ、今年がお手伝いまで・・・・。また、お昼にはご父兄席へお邪魔し、楽しく競技を観戦したところです。28日の日曜日は、同じく地元町内会の運動会へ参加。久しぶりにどきどきしながらリレーにも参加です。
20090628_2

温泉地めぐりリレーの様子。
なかなか色々考えていますね(笑)

当日は、ふれあいまつりも開催されており、地元の様々な障害のある方や福祉関係者の方々と交流のひと時を挟み、再び運動会へ。楽しいひと時でした。

20090628   

よさこいも披露されました。
会場では、手作り芋団子やお蕎麦を味わい、またクッキーやマドレーヌ等を買ったところです。
また、音訳など体験コーナもあり、貴重な経験させていただきました。

さまざまな風景に触れる季節ですね!!

さて、議会の報告ですが、
②中心市街地活性化の方向性です。
本年3月までに中心市街地活性化基本計画を国に申請し、事業認定を受けたところで中心市街地活性化事業に着手するという構想が進められ、策定作業が進んでいましたが、本年2月の議会でも質問したとおり、認定を受けられる得るような事業が創出されず、それは見送られたところです。
この問題では、タウンマネジャーを配置し、街づくり会社を創設し、活性化協議会を組織し、と周辺整備は進んでいるが、今後引き続きこのことにこだわっていくのかという質問でありました。これは、街として本当に活性化事業に本格的に取り組んでいくのかという、今後の姿勢をただすもので、その責務をどう考えるかというものでありました。

答弁は、協議会を中心に引き続き、年度中に計画を策定したい、というものであり、またその中心にある考え方として、市有地を中心にした再開発事業を念頭においた庁内プロジェクトチームが編成されており、そこでの議論を進めたいとの考えもあらためて示されてところです。
特に、どの場所かということは示されませんでしたが、後の関連委員会では「河畔駐車場」の一部を利用したものということが具体的に判明したところでもあります。
私も、空きビル対策等では、その他の国のメニューなども示し、今後の研究課題を提示したところであります。

次回は、スポーツ合宿誘致についての質問です。

総選挙やマイケルジャクソンのニュースなど、毎日紙面をにぎわせていますが、西日本の大雨が心配ですね。なんと言っても、先日地元阿寒町でも床下など畑が水に浸かる災害があり、他人事ではない気がしますが・・。

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »