« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月29日 (日)

議会

忘年会の季節ですね。体調管理だけは怠らないように!!

先日、地元石炭会社のこれからの出炭計画が発表になり、地元としては大きな話題になったところです。企業努力だけでは存続が厳しいことだけに、国・道・市が一体となりエネルギー政策上の問題としての位置づけを関係者が再認識し、更に合理主義に陥っている現政権にもはっきりと国として必要なものであるということの意識付けさせる市や代議士の汗の掻きようがあると考えています。

さて、いよいよ12月の議会が始まります。ここに至るまでも臨時議会が開催され、人事などが提案されたところです。人事については、長年(私は議員としては初当選以降ですが)親交のあった副市長さんが退任されたところで、少々寂しさを覚えているところでもあります。

質問の通告が明日に迫っています。ふーっつ!

今日の地元です。最高気温がマイナス3度とか・・・。
http://www.stv.ne.jp/webcam/kushiro/large/index.html

2009年11月28日 (土)

友人

今夜は旧交を温める機会となりました。

宿泊のホテルにたまたま東京時代の友人一家が宿泊してり、それぞれの予定をクリア後友人とその奥さんと三人でラウンジでひと時昔話に花が咲いたところです。

その後、更に私は以前地元勤務であった新聞記者さんと懇談で、あっという間に真夜中になってしまったところです。

2009年11月24日 (火)

仕訳

仕訳後半戦が始まりましたね。しかし、必殺仕訳人勢いがすごいですね。
こうした取り組みは、確かに私が永田町にいた頃にはなかったことで、新鮮ですね。
予算に時期には、私も代議士の名代で地元の要請実現のため財務省の主計局にはよくお邪魔しました。時には牛乳など持参したこともありましたね(笑)結構よろこばれました!

さて、こうした方法論としての面白さは評価されるところでしょうが、それぞれの予算計上されていた項目の意義には、その結果とはことなる評価もあるようですね。

地元に目を転じてみますと、当初より2億円多い18億円の財源不足。平成22年度予算は総枠制となり、聖域なく前年対比-16パーセントカットを基本線に各原課とも予算削減に色々と腐心しているところです。特に、指定管理や委託の現契約先も対象となるなど、どことなく事業仕訳の前段のようなことがおこりそうな様相も。やや懸念されることですね。

確かに、不必要な事業をただただ継続しているのも問題ですが、ただやみくもに削減などを求めるのも少し乱暴でかつ芸がない予算編成ですね。

まあ、今後その内容に首長として様々な色をつけるのでしょうけど・・・。

そう言えば、地元の今の様子です。
http://www.stv.ne.jp/webcam/kushiro/large/index.html

こちらへアクセスを!!
北海道の各地のお天気など今を掴むことができますよ。

2009年11月19日 (木)

予算

国もそうですが、地方自治体でも翌年度の予算編成の時期になりました。
以前より取り組んでいる一次産業における未利用低利用物の有効活用化に向けて引き続き粘り強く取り組んでいます。

これまでほとんど予算化されていませんでしたが、なんとかしたいと思っています。18日市内のそうした施設を関係者とともに視察し、今後の取り組みなども協議したところです。

特に、食品加工の分野においては十勝もそうですが、色々この先の北海道としての方向付けにもなることと思って、果敢に取り組んでいくつもりです。

2009年11月17日 (火)

項目

12月議会に向けて質問の準備に入ろうかと思っています。
とは言ってもテーマはまだ絞っていなのですが・・・。

質問と言いますと、議会でも色々な場面で質問の機会があります。
まず、本会議での質問。議案(首長提案)に対するものや一般質問としてほぼ内容に制限なく(でも、公序良俗に反するようなものはだめでしょうけどね)できるものがあります。
私も、なかなか議案に対する質疑となると当選以来質問はないですね。一般質問は毎回やっていますがね。これだけ、思考が首長寄りということなんでしょうかね。本来の議会はそうしたものではなく、自らの議案提案はじめ首長提案議案についてもより深く審査をする必要があるのでしょうね。
しかし、制度として、それにかわり委員会での審議というのが本会議に引き続きあり、そこで細かく議案やその他議案外での審査をすることになります。

国会も振り子のぶれの幅がだんだん大きくなってきています。
市政においては来年度予案の編成にいよいよ入るところで、地域主権などという言葉に惑わされず、首長の果敢な中央へ向けての情報発信にも期待します。

2009年11月15日 (日)

役割

スポーツ団体の役員を仰せつかっているのですが、来年の大会誘致にかかる準備で私の役割もだんだん増えてきました。スポーツ競技に造詣があるか否かを問わず少人数の団体なだけに一人ひとり当事者意識をもっかかわるとこが重要で、誰が欠けても大変なようすで、責任重大です。とは言っても、私の役割は限定的で役所にかかわるところがメインになると皆さん思われでしょう。そればかりでもないのです。時には、ボランティアお手伝い要員の確保などというものもあったり、高校生の参加のお願いなどなど、まあ競技にかかわること以外のなんでも屋といったところでしょうか。役得なのは、有名選手などの送迎にかかわったことがあり、非常に身近に選手と交流する機会を得たこともありますよ。

来年は、冬季国体はじめ大きな大会が地元でも多数予定しています。

しかし、日曜の夜の会議はきついですね・・・。

2009年11月14日 (土)

交換

13日 東北海道議員研修会が、私たち地元がホストになり開催されました。
一泊での研修の意義のあるところは、色々な情報の交換の場となるところです。
当然、講義を通じて様々な知識を得うる機会にはなりますが、お互いの立場をい理解した同志が議論を交わすことによる交流を通じた場面では一段深い議論ができ、意義深いところでした。

そんな夜もあっという間で、時間の経過が早いものです。
また、私の出生地の地区からも多くの議員の皆さんが参加され、やや故郷気分も味わったところでもありました。

そして今日は、次期参議院議員選挙の候補者選考委員会へ出席するため、出張です。

望まれる候補者像といっても、今のところまだ確定的なものはないのですが、若い・女性・使える・フットワークが軽い・生活者目線がわかる・一次産業・・・・などなどというキーワードを考慮し、今月中旬までに色々意見を取りまとめるところです。

皆さんも、参院選の候補者像等にかかる意見や希望がありましたら、メールでも頂ければ幸いです。

とにかく、密室でかつトップダウンで決めるような方法には寄よらない選考委員会になることを望みますね。

さて、国は平成22年度予算審議がなされて、100億円にも迫るような予算要求になっている現状と、事業仕訳による査定がなされている動きをみていると、やや現実味がないような印象をもってしまいます。ああしたガラス張りで議論がなされていることは、画期的なことなんでしょうけどね。

2009年11月11日 (水)

拡大

最近は、議員研修などで出張等が多かったのですが、更に党務にも専念しているところです。

党支部事務局長ということもあり、年末及び来年でに向けた支部の財政運営見通しについて関係役員間で調整を図っております。

また、道連のセミナーの会券の販売(2万円)にも四苦八苦といったところです。

更に、党青年局長ということで(私自身党道連青年局役員でもあるので)青年党員の拡大にも活動中です。道連会長の地元ということもあり、特にノルマは最低でも達成しなければならないという使命感もありますかね。

何れにしても、私一人では無理なことであり、各協力者の拡大もしながらそれぞれの目標の達成を果たさなければと思っています。

ちなみに、青年党員の入党資格は45歳以下となっています。関心のある方は、是非ご連絡を!!

13日からは、阿寒湖畔という観光地になりますが、地元議会の協力でセミナーが開催される予定です。14日には、いよいよ参院選の候補者選考にかかる委員会の開催となり、来年の選挙体制の構築も必要ですね。
それに、北海道5区も民主党小林衆議院議員への連座制の適用となると、補欠選挙があるとなると、党としても負けられない選挙選になりますね。

2009年11月 8日 (日)

美・

地元港開港110周年を記念してみなとづくりフォーラムがJC主催により開かれました。
基調講演並びにパネルディスカッションでは港の魅力や潜在力など様々な角度から意見が交わされたところでした。

そこにゲストパネラーで、八戸市の「しすぎる市議」で有名な藤川市議が参加されており、釧路の感想など述べられるのですが、あいにくここ数日の霧の為に、その印象が強い・・・、などという冗談を交えながらの意見交換がなされていました。

さて、人の程度は別の機会に・・・・。

港というとやはり「海」ですが、10月の末に天皇・皇后両陛下のご臨席を仰ぎながら東京で開催された「全国豊かな海づくり大会」について色々調査しています。今回で第29回となるもので来年は岐阜での開催です。岐阜に海はあったかな?と疑問に思う方もいらっしゃるかと思いますが、開催規約が内水面でもいいということに改正され、実現したものだとか。北海道は第5回にサロマ湖付近での開催だったようです。来週にはこの事務局を訪問し、開催全般にかかるこれまでの取り組みなどヒアリングしてまいります。第40回以降は全国2順目に入ることになりそうです。

しい・豊かな海を守ってこその開催ですし、地元も資格ありだな、などと思っております。

2009年11月 6日 (金)

論戦

国会論戦も参議院に移りましたね。
これまでと違う感はありますが、TVでも批評の通りということからは脱し得ないところでしょうか。車中含め聞き入っています。

それより、日本シリーズが気になると言うかたの方が多いかな。

市議会も12月2日より開会します。
市長さんが就任丸一年、2回目の予算編成になりますし、色々伺うこともありますね。

視察報告と併せて、この場でも問題提起もしていきたいと思います。

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »