« 鶴居村 | トップページ | 華 »

2010年9月24日 (金)

中国人船長

残念なニュースですね。
日中は、議会の決算委員会の審査が続いているので、夜になってわかったのですが、大変残念というか不満の残る対応のような気がします。

日中どちらにも、結果不満の残る対応になったようにも感じますね。
前原外務大臣の連日の毅然とした対応に、他党ではありますがやや期待感もあっただけにちょっとというか非常に残念です。
ここはやはり領土問題がそもそも存在しな訳ですから、連日の報道の通り「国内法に則り」粛々と対応していけば良かったと思います。

観光や資源等への影響や中国のトップの政治的なダメージへの配慮以上に、領土問題は重大なことと思います。国民性からも、一度譲歩すれば靖国や戦後処理の問題のように次から次へと要求や主張を繰り返すことも想定の範囲であり、、今後の日中の動きが心配です。

17日に次期JC役員との懇談でも日中の友好団体を地元にも作ろう、という機運に水を差す話ですね。

委員会審査では、同一地域で類似の施設における労働環境等の格差他、について質疑し今後の改善策を求めたところです。

« 鶴居村 | トップページ | 華 »

「ニュース」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事