« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月31日 (日)

ベトナム

ベトナムのハノイでの国際会議において、菅総理には大変厳しい局面ばかりが報じられていますが、ようやく明るい話題もありましたね。

そうです、ベトナムとの原発建設にかかる契約にこぎ着けたことです。
私も、途上国におけるこれからの問題としては、やはり安定的な電力と水だろうと考えています。
特に、東南アジア等の南国におけるエリアは当然暑いわけですから電力の供給は欠かせないものです。また、水についても安心安全なものの提供をどう確保するかは、国として国民に責任のあることであり、今後この両者における日本の技術供与をはじめ売り込みは大いに可能性のある分野で、既に世界ではその売り込みが始まっているところです。

日本においても大坂が浄水場システムをパキスタンンに売り込むなど、政情不安な国への合アプローチが始まっています。

さて、地元においても既にベトナムとは相当の深いつながりがあると自負する私ですが、特に地元企業の釧路コールマイン社の社長様がベトナムの名誉総領事に正式にこの9月に任命されるなど、その深さは一層深まっているものと感じています。

更に、エネルギーという分野で紐づいていることも、強みとも思っています。
ここで、地元の水処理技術のレベルの高さをあらためて考えてみると、この人の技術の高さは国際貢献に大いに役立つものではないかと考えるわけであります。
地元の水も源水が湿原からのものであるため、栄養価が高すぎたり多くのものを含んでいるのでその処理は難しさがあり、人に頼るところが大きい現状にあります。今後は、この浄水場を武直す計画がありますが、その時点でこのノウハウをなんとかデータ化するようなことができる技術があれば、都度水の性質を雨や雪解けなどなどその状況により瞬間に感知する仕組みの開発ができれば、大いに途上国への売り込みにやくだつかな、などと考えている次第です!

しかし、今回の原発はじめレアアースの共同調査開発等々は日本にとって、脱中国になるだけではなく、ベトナムにも中国との間に南沙諸島問題があるなど、尖閣諸島問題を抱える日本との共同歩調ともとれる事案ですね。ただ、中国もロシアとの歩調合わせも感じられ、ここにきて領土問題がクローズアップされてますね。

上海万博は大成功だったようで、中国では今後のバブルを懸念しているようだけれど、万博を開催した国の民度のアップも必要でかと強く感じるところですね。

依存症

午前中は縁ありまして断酒連合会の周年行事に出席です。
20101031 様々ご来賓やらが列席する中、私なんかいいのかなァ、とも感じながら、しかし流石に挨拶が開会から主催者含め八番目ともなるとどんな内容のものにするか結構苦慮するところです。

まあ、それでも小さい頃のご近所の話と現下の経済状況や自殺問題を交え断酒会の今後の必要性に挨拶というより語りかけるような雰囲気でお話をしたところです。
皆さん、結構真剣で、また会員数もこんなにあるんだ、という印象ですね。
事前にリサーチしていったのですが、地元断酒会は行政から酒害相談員制度なるものにより正式に委嘱を受け、日々のアルコール依存症に悩む本人はじめその家族の相談等解決に向けた取り組みを積極的に行っている団体です。この依存症は明らかに病気でり治癒することはなく、ただ日常生活に影響のないように回復することは可能とのことであります。しかし、お酒を口にすることは、回復後でも一切だめで、これを支えるのが断酒会の大きな役割でしょうか。

フォーラムが始まり開会式後の体験談の発表など貴重な勉強の機会を得ました。自殺に結びつくケースが依存症の方の内3割ほどあるのは、今日の日本における自殺者3万人超時代において大変大きな数字であり、この部分を切り取ってみても自殺者の数を少しでも減らせる可能性のある分野とも感じたところです。

さて、午後にはNPO法人ライフリンクの清水代表(この方政府の自殺対策PTのメンバーでもあったのですが)による基調講演もあったのですが、午後の便で出張の予定もありお昼で切り上げ、隣町で亡くなった方のお参りを済ませ空港へ向かった次第です。

東京は雨。時折強くなりちょっと寒いかな。地元の方が暖かかったな!

2010年10月29日 (金)

お国自慢

このセミナーに参加は初めてでありますが、昨日もお話したように結構ご当地自慢が多く、今日はその実例現場の視察です。
まず、視察さい①道立(とは言っても運営は財団法人オホーツク地域振興機構/道出資50%)の食品加工技術センターにおいては研究と成功例の現場です。
今日全国的になった「塩焼きそば」が生まれるまでの経緯について研究員の方が解説です。B1グランプリと日清食品のおかげで、今日北見は全国メジャーになっている、とのこと。
20101029_2
この他、自立支援でパンやハム、ニンニク等の工場を併設した授産施設等の視察では、その製品のハム等の人気には、やはり官民の協力がしっかりなされており、今後の地元での展開している同種の法人の成長が見込めるところかと感じたところです。
20101029_3
この後、セミナー会場に戻り午後のセミナーへの備えをと思って昼食後会場にいたのですが、よく考えると今晩のお通夜に出席よていだったので、早晩午後のセミナーはキャンセルして地元へと向かうことを決断です。そもそも午後のセミナーは出席要件に入っていなかったようで、私の登録もされてなかったくらいなのでしたので。
20101029_4

ついでに出席しようとしたセミナーですが、とりあえず会場の様子のみ写真にとりました(笑)

その夜は、自宅でパリポタのTV映画を見て秋の夜長を過ごしたところです。
台風が心配だ!!

2010年10月28日 (木)

北海道都市問題会議

沖縄付近の台風が心配ですね。
奄美も近いことから、雨の被害がないことを祈ります。

しかし、インドネシアで16日にマグニチュード7.7の地震とそれによる津波があったと報じられたばかりですが、この地震の直後今度は火山が噴火するという大変な被害が出ているようです。

また、ドラフトでハンカチ王子こと斉藤選手が日ハムに決まった(?)のでしょうか。
数々有名な選手が各球団と交渉とないますね。

さて、私は昨日の雪の心配をしながら峠を越えて、「第34回北海道都市問題会議」に参加しております。議員はどうやら私一人の参加のようですが、行政側や議会事務局からも5名参加があり、ちょっと心強いところです。
2010102813260000

内容は、まあ地域活性化は、地域の産学官の連携であり、その中心には学が大きな役割を果たす、また同時に地域のブランドの創設と販路の確保が必要になり、その場合の資金の調達にはベンチャーキャピタルの役割が大変重要な位置づけにあるとのことで、実例を交え基調講演・パネルディスカッションが行われました。
地元、北見市の市長さんはじめパネラーは、北見市・北見工大・北見食加研・地元企業などの方々で、ご当地自慢大会のような雰囲気のセミナーであったような、他都市の頑張りが際立ったものでした。

明日は、市内食加圏や福祉施設の視察後、午後は会議を経て2日間の日程が終了です。

2010年10月27日 (水)

誌上

今朝、地元紙に目を通していると先輩議員さんの交礼会での発言の記事に驚きというか、少々びっくりしてその内容を読んでいました。
地域的に後を任せられる素晴らしい後継の方もいるようなんで、ということなんでしょうが、それにしてもメリハリもあり、毅然としおられる方なので、個人的には大変残念なんですがね。
惜しい声は、さぞ多いことと思いますが。

一方、別の紙面では高橋知事が三選出馬の意向ということになったようで、7月の世論でも64%ほどあったかと思いますが、今後の北海道の方向性をもっと示して頂けるものと期待しております。

また、国の特別会計への仕分けが始まりました。
地元でも仕分けが行われましたが、あまり実効性のあるものではなかったようで、国のものとは少々目線が異なったものと感じた次第です。

毎日、ニュースのボリュームが大きくなりますね。

2010年10月26日 (火)

地域創造セミナー

20101026 早朝から観光客の皆さんが記念撮影をしている方向を見ると、なんと普段は何気なく通り過ぎていた雄阿寒岳でした。私も一枚撮ってみたのですが、なかなか携帯のカメラではそのすばらしさは表現できませんね。心に留めて置くことにして・・・。
今、ローカルではどこの「まち」もそうでしょうが、こうした有効な地域資源の活用や新たな視点での発見なるもののような刺激が必要なんでしょうね。
地元も、阿寒町と音別町という「まち」と合併して5年、今まさにその検証にかかる議論が起こっており、今後の市としての「まち」の方向性が問われるところです。

さて、急ぎ自宅に戻り、着替えながら告別式に列席です。
また、着替えて昼の会議を経て、地元公立大学と経済産業研究所との共催による「地域創造に向けてのソーシャル・イノベーション」なるセミナーに参加しました。
20101026_2 内容をここで記述するには余裕がありませんが、私個人的にはテーマは別として実例に挙げられたものは、大体視察やその他のセミナーでも取り上げられているもので、そこへのアプローチが少々異なるぐらいで、ややテンポ遅れのセミナーに感じてしまいました。
一般市民への情報伝達ということでは、この開催に意義はあったかと思いますがね。参加者も多種多様な層の方々があり、それなりだったかと感じますしね。

夜は、会食会があり静かに更けていきました。

2010年10月25日 (月)

野生の力

地元の奥座敷とも言うべき、阿寒湖温泉で周年行事があり、泊りがけで出かけました。
20101025 当然、二次会含め歌に踊りに楽しいものでした。
それにしても、役者が多くて驚きでした。

会場へ向かえ途上で多くの鹿を見ました。
時間に追われながら、数箇所のご無沙汰のお詫びをしつつ、車を進めたのですが、何とも鹿の被害が多いわけですね。
阿寒湖周辺には26,000ha.におよぶ原生林があり、国立公園になっていることもあるからでしょうね、野生の力はすごいというか、自然に繁殖してしまったようです。

現在、鹿猟が始まり、ハンターも見かけました。
また、行政においても害獣駆除対策の一環で計画を推進中でありますが、やはり天敵のオオカミ等の絶滅などもあり、元気ですね。

これからは、雪道になります。
十分ご注意を!!

明日は、告別式に出席する予定なので5:30には起きたいですねV

2010年10月24日 (日)

お見舞いに伺うたびに、健康への意識が一時的には強まるのですが、それもすぐ忘れてしまう昨今です。

お一人目は、直腸がんで人口肛門も想定されていたそうですが、幸い手術が上手くいき、免れた方、もう一方は前立腺がんだそうで、まもなく手術の予定だそうです。

健康が一番と思いますが、それ以上にメタボも気になっています(笑)

ジムにも最近はすっかりご無沙汰なもんですからね。

久しぶりに、自宅の観葉植物をよく見ると、通称「幸福の樹」にまた花を付けていました。これで三回目なんですが、今回はW(ダブル)です。
20101024 いいことありますかね!!(笑)

2010年10月23日 (土)

異常気象

九州にいた時から気になっていたのですが、奄美大島の豪雨は大変なものでしたね。
大分は、多少の雨には降られましたが、場合によっては傘もいらない位だったんで、まずまずでしたが、そう遠くはないところではそのような気象状況だった思うと、大変恐ろしいものを感じるところです。

被災にあわれました皆様にお見舞いを申し上げます。

2010年10月22日 (金)

荒城の月

20日の午後からの視察は、大分県竹田市へ向けてのものでありました。
この竹田市は、あの荒城の月でも有名な滝廉太郎先生の出身地で、城址跡やメロディロードでは当然荒城の月が流れており、しばらく耳についた付いていました。

地酒なんかも荒城の月の名が付けられており、まあ何でもかんでもな感ありですね。

大分県は「かぼす」・「しいたけ」などの主産地で有名なんだそうです。

この他、視察日程にはパル福祉農場の視察もあり、ここでは障害のある方々が自給自足ができる理想郷を目指すもので、実は地元では「NPO法人 和」が実践しておりますが、その先進地ともなる規模の大きい農場でした。
農業分野だけではなく、付帯施設にサービス業もあり、なかなか面白いものでした。

また、湿地保全の視察などを終え、大分を後にして東京へ向かいました。

2010年10月21日 (木)

誕生日

私、実は昨日誕生日でした。
毎年、このフォーラムの日程が固定されているので、地元を留守にするのですが、所属の団体等から自宅にケーキが届いたりメッセージが届いたりで、大変ありがたいところです。

携帯にも、メールや電話を頂きました。
しかし、45歳で、特にもうおめでたくないかもしれませんね(笑)

当然、夜の懇親会が誕生日になったのは言うまでもありません(爆)

2010年10月20日 (水)

中国

フォーラムでは、諸外国の事例も交えこれからの議会の役割などの講演や意見交換が続きますが、ふと15日から中国では大事な会議があったなァ、と思いながら、先日の尖閣諸島問題もあったばかりで、お隣の国のことが大変気になるところです。

胡主席の後継者の習氏の処遇が注目されるところのようですがね。

日本のことももっと気にしなければなりませんね。
国を変えるには、まず地方議会の改革から!!

夜は、全国の市議会議長会参加者による懇親会で暮れました。
ちなみに、ホテルは宿泊費の割には大浴場もあり、なかなかなものでしたね。

2010年10月19日 (火)

移動の一日

AM5:00起床
AM7:50千歳発⇒地元へ
地元へ一旦もどり、地元乗り継ぎで羽田⇒大分入りしました。

明日からの全国市議会議長会への参加のためであります。

そもそも何故地元へ一度戻らなければならないか?
昨日の懇談は党務で、今日からのものは政務調査となり、経費の性質が異なることから、起点を地元となっている以上、それぞれの経費において地元で完結する必要から、ちょっと無駄に思える移動も時に正当性を追及するが故に、不可思議な動向となることがままあり、私たちも時に困惑することもあります。

大分のホテルに入ったのは、17:30頃だったかと思います。
その日は、会派で懇親会で暮れたところです。

フォーラムの日程は、
20日 フォーラム
21日 フォーラムおよび視察
22日 視察および上京
23日 東京 ⇒ 地元

視察報告は、議会HPにてご確認を!!

2010年10月18日 (月)

地域の疲弊

今日は、札幌で党道連青年局の役員と業界の懇談会があり出張の予定があったのですが、その前に地元での日程もあったので、昨日に続きバタバタと動き回ったところです。

 9:00~地元金融機関との協議。色々な相談がありますが、難しいこともありますね。
10:00~議会広報特別委員会 議会広報誌についての委員会です。

11:30~体操連盟での市長表敬を終え、
13:00発のフライトで札幌へ移動です。

札幌では、折角の機会なので市内の挨拶をちょっと済ませ、そうしている内にもう17:00です。

17:30~懇談会へ出席です。

Photo_2
地元からは私を含め2名が出席し、また業界側も地元関係の代表が1名出席を頂いていたのですが、全道的な参集でした。私と同行者は右端からです。

Photo

発言の機会を得て、現況報告などもさせて頂きました。

どちらにしても、公共事業削減の現政権下にある業界の状況は大変厳しいお話ばかりでした。

札幌泊
明日は、7:50千歳発で地元へ戻ります。

2010年10月17日 (日)

薄暗がり

今日は、体にきついというか、目を擦りながらの一日でしたね。

四時半起床で、ホテルからのリムジンに駆け乗り、いざ羽田へ。
この時間の東京は、まだ薄暗いもんです。
空港到着後も、13日に羽田空港が拡張されて広くなったのですが、空港内でも結構移動に時間が掛り、少し運動不足な私には息を切らせながらの行動です。

地元に到着後、真っ直ぐ湿原の風アリーナへ向かい体操選手権の開会式に出席。
そこを後にし、芸術祭参加の歌謡際にて一曲です。いつもの「また逢う日まで」なんですが・・・。

そこから、遺族会の例会に遅れて顔を出し、更に新橋大通での消防分団活動に参加です。
ここで、日赤奉仕団の皆さんの手作り「トン汁」で昼食です。

引き続き、恒例の大和山のチャリティバザーで買い物をして、「いきいき健康まつり」へ移動です。
20101017_2  会場に到着した頃にちょうど「8020運動」の表彰式の最中で、これは80歳で20本の自分の歯を維持するというものでうすが、私にはちょっともう縁遠い話かな、などと思いながら、表彰式に参加しておりました。

夕方には、体操競技の表彰式・閉会式に出席し、ラストは支持者との打ち合わせを終え、一日が終わったところです。

気が付くと、随分と暗くなるのが早いなと感じながら、目の回る一日だったかな(笑)

2010年10月16日 (土)

メーデー

全国地方自治研究全国集会に参加です。

ホテルを出ると、何とも物々しい警備で何かと思い立ち止まってみていると、皇太子殿下がいらっしゃるとのこと。
本当か?
20101016ana それが、この車列なんですが、ほんともっと警備車両や白バイがすごかったんです。

しかし、これ練習なんだそうです。
10月30日から岡山で国民文化祭が開催されるようですが、翌日の31日に殿下がお見えになるようで、その予行演習なんだとか。しかし、すごかった!!

会場へは、予定通り路面電車で移動したのですが、何か普段着の方が沢山乗車しており、しかし会話は集会参加者のようでした。
そして、会場へ吸い込まれる方々の殆どが普段着のような感じで、スーツなのは私を含め一部の議員関係者くらいでしょうか。
会場へ入るや、これは過去経験したことのある空気、そうです新進党の当時を思い出しましました。
つまり、メーデーのようなセミナーで雰囲気がいつもと異なるのは言うまでもないことです。
ただ、対極にある方々の視点や考え方は参考になりました。別途、報告書を提出しますが、なるほどと思うことも結構あったりします。
20101016
各団体からの実践報告は、まちづくりや弱者救済策、反戦活動等々様々行政や国との戦いで勝ち取った権利や実績の報告は興味深いものがありましたね。

色々参考になりました!

明日は、地元へ移動なんで、最終便で東京へ移動したところです。

2010年10月15日 (金)

桃太郎

晴れの国岡山に到着です。
結構まだ暑い感じです。

まず、明日の会場への経路と下見です。明日はあまり時間がないので、念のためにです。
岡山には路面電車があり、それに乗車し4駅で下車。すぐ目の前が会場です。
20101015_2
会場は、大変大きなホールですぐわかりましたし、近くに岡山城があったので撮影をしてみました。
20101015_3
もう結構暗かったので、少々画像も暗いですね。

明日は、1日セミナーです。
日米安保や地方自治と財政の状況を、民主系組織の考え方や視点にたって色々と掘り下げるのは、楽しみです。普段ないことですから、参考にしたいと思います。

2010年10月14日 (木)

医療改革セミナー

昨日上京したところですが、医療改革セミナーに参加したところです。
公立病院の経営改善にかかるもので、総務省が平成19年に出した通達により、平成25年度までにその経営の改善を、その経営形態も含め見直しをするもので、公会計改革の影響もあり、非常に厳しい内容です。総務省も経営改善に向けてこの2年の間に交付税を約1,000億円上乗せしているところで、各自治体の一般会計における公立病院との会計上の繰り出しだどうなっているかの検証は常に必要なことと考えます。私も、6月の議会ではこの点も含め経営の状況やその形態についても質問したところでした。その当時は、まだ健全化計画策定後の平成21年度決算が出来る前だったこともあり、確実に赤字を減らしていくとの答弁で、形態も今は未定とのことであったのですが、今回決算員会においては予定通り赤字が解消されるか不透明というように変化しており、今後このセミナーの内容も踏まえ、議会活動に活かしたいと考えます。

地元からは、別の会派のグループも参加しており、地域にとっての医療問題は共通と言えると考えます。

明日は、全国自治問題協議会全国集会参加のため、岡山へ移動します。

2010年10月13日 (水)

チリ救出

いよいよ救出ですね。
世界が注目ですね。
しかし、情報化した現代を感じます。国内の色々な事案があることもわからないことも多い昨今ですが、チリの「何とかさん」のコメントや記事が新聞やTVで流され、本人を見たことも、多分今後会うことも、また馴染みのない名前が羅列されていることに、ちょっと違和感を感じることもあります。TVなど中継まで。たまにですが、もっと国内というか地域や日本のことにももっと注目すべきなのかと感じることが、ありますね。
マスコミという世論形成の手段に注意も必要な場合もありますから・・・。

さて、私は午前中は地元の敬老会で図々しく民謡(またか?と思われますね)を披露し、お赤飯までご馳走になってしまいました(笑)
20101013
午後には、6日のパーティの挨拶まわりをしながら空港へ向かい、夕方のフライトで上京です。明日の東京での医療改革セミナー参加のためです。

東京も意外に涼しくなっていました。
秋の気配は当然ですが、猛暑が恋しい気もしますね(笑)

2010年10月12日 (火)

ノーベル賞

ノーベル賞の発表があってから一週間が経ちますね。

北大の鈴木教授は、私は何らのつながりもないのですが、鵡川町という「ししゃも」で有名なところのご出身だということで、ちょっと近くだなァ、程度に思っていました。
しかし、連日の報道を観ていると、ご兄弟の方のユニーさなど、身近に感じつつも、北大出身者では初ということで、来春の受験者が多いのではないか、などということも・・・。

ローカルTVですが、「ししゃも」を食べると頭が良くなる・・・というのは、ちょっと(苦笑)

そう言えば、政府与党に白血病対策のPTが設置された記憶があり、それに公明党が参画するという記事があったかと思います。その後、どうなったのかな、などと5区での衆院選の補欠選挙の告示にあたって、思ったりもしたところでした。

2010年10月11日 (月)

秋晴れ

昨日の天候とはうって変わって、秋晴れで暖かい一日の始まりです。

早朝から地元の阿寒町というところに共生型の障害・老人・地域を対象にした交流と多機能施設がオープンし、そのセレモニーに出席です。
20101011qlac9
地域の方が沢山お越しになられていました。
この施設については、厚労省の補助が入っているのですが、私もご依頼を受けてある事務所を通じ、対象となるよう若干働きかけをした経緯もあり、開設されたことは大変喜ばしく思っています。

夕方には、地元出身のプロボクサー清田祐三選手のタイトルマッチのオフィシャルビューイングがあり、試合開始になる前に次の予定があったので移動しましたが、結果の連絡を受けたのは20時半ころだったでしょうか。ちょうど体操連盟の役員会の最中でしたが、「負け」とのことでした。
大変残念ではありましたが、今回はスーパーミドルではなく、階級をひとつ上げライトヘビーでの挑戦ということで、なかなか厳しい世界ですね。
清田選手について詳しくは、http://yuzo1006.fc2web.com/

体操連盟は、夏の東日本Jr体操選手権の総括でした。

2010年10月10日 (日)

北朝鮮

キムジョンウン氏が姿を現しましたね。
ベールがはがされたというか、今回は海外へ積極的にアピールする狙いもあるので、はっきり映っていて、よく太っているとのコメントの通りですね。
人民との格差が歴然としていますね。

しかし、同時に何時ものマスゲーム等の素晴らしさは感心するばかりです。

時を同じくして、韓国亡命中のファン氏が死亡したというニュースがありました。いろいろ想像を巡らすところですが、自然死とのことですがね。単に偶然なんでしょうかね!?

新体制への着実なシフトがなされていますが、注視しなければなりませんね。

そんな折、私も地元の自衛隊の創立記念式典に、雨の中ではありましたが出席をしたところです。結構な降りでしたが、隊員の家族等々が見守る中、隊員の皆さんの日頃の訓練の成果の披露をされ、その装備の凄さにも大いに関心を寄せたところです。
近隣諸国で色々なことが起こっても、やはり必要な装備と隊の編成について、政府与党は事業仕分けにかけるという、なんとも理解できないことでありますが、この国を守るという安全保障についての基本において解釈が異なっている立場なんであろうと、理解に苦しむところです。
命を掛けている隊員の皆さんや当日はハイチへ派遣された方々の帰国の報告もあり、国際貢献の最前線にいる隊員の皆さんへ、あらためて敬意を表しつつ、隊の今後のあり方や装備の充実について、果敢なる議論が必要でしょう!!

残念ながら携帯を忘れ、訓練展示等の様子の画像がありません。すみません(^^ゞ

2010年10月 9日 (土)

寒空

20101009

あいにくの曇り空ではありましたが、何とか雨にもあたらず恒例のパークゴルフ大会が開催されました。
画像は、表彰式の様子。

ちょっと変ったルールで、ペアマッチ方式だったのですが、私が足を引っ張り私のペアは中盤くらいの順位でした(笑)

この後は、懇親会に移り、秋の夜長を大会の反省(珍プレーなど)歌と味覚で楽しんだところです。

因みに、優勝はそのパーク場にたまたまいた飛び入り参加された方のペアで、びっくり!!

2010年10月 8日 (金)

中国という国

ノーベル平和賞の受賞者が発表されましたが、自国民が受賞して喜べない国は、数ずくないでしょうね。
その一つが、中国ですね。
劉氏が受賞された民主化運動が、中国にとっては大いなる脅威であるのでしょうけどね。
中国国内報道でもそれ程取り扱いが低いようであるし、経済大国化した中国には国際社会がもっと毅然とした態度で接するべきでしょうね。

そして、中国のこうした体制維持は何時までも続くことはないと確信するところです。この受賞のことを契機に、国民雄目覚めがあり、体制の瓦解が始まるような気がします。
そうでなければならないとも、思いますが。

2010年10月 7日 (木)

平常

議会が4日・5日と終了し、6日の私のパーティーも無事開催でき、この日まで目まぐるしく期日が過ぎ去り、いつしか季節が移りかっており、日が落ちるのが、本当に早くってきました。

昨日のご挨拶に廻ったのですが、片づけやらでスタートが送れ、少ししかまわれなところでした。明日は、もっと早めのスタートが必要ですね。

ようやく、平常な日常に戻りつつあります!

2010年10月 6日 (水)

歓喜?!

「2010秋まつり」も無事終了させて頂きました。
ご来賓の皆様はじめ、多くの皆様のご来場に心より感謝とお礼を申し上げます。
挨拶も中々意を尽くせず、恐縮しているところです。

さてさて、進行では何時もの大正琴や民謡などで、変らずであったのですが、少々来場者の顔ぶれが変わってきたかなぁ、という印象です。
どう変ったか?
それは、随分とMIXになってきたかなと、いう印象です。
この意味は、わかる方は理解理解いただけるかと思いますが・・・。

失敗も沢山ありますが、私はその失敗が好きで、次の原動力にもなり、考える機会にもなります。特に、同じ失敗は繰り返さない、ということがよく言われますが、私は人間として同じことは繰り返されるのは当たり前という考えなんで、色々同じような失敗があっても気にしません。
しかし、人に迷惑を掛けるようなことがあれば、それは別ですが!

多くの皆様の歓喜の中、終始友好のあたためる楽しい一時でした。

さて、国会論戦も衆議院で行われたところですが、自民党の質問に立った女性の代議士の言葉には、ちょっとへきへきしたものがありました。自民党らしく堂々と政策で戦って欲しいと思います。汚い言葉の羅列では、何も伝わらないと思います。
野次という歓喜溢れる国会の場も、ここまでになるとちょっと自民党という党における人材の底の浅さでは、民主党を批判する資格はないと思いますが・・・!!

2010年10月 5日 (火)

昨日今日と、明日の最終打ち合わせや準備に少々追われながら、12月議会の質問予定の整理を思い出し、その準備も。

さて、明日は何をお話をするかというと、そうですね、当日の来場頂いた方々のお顔ぶれや、状況によって変化しますね。

2010年10月 3日 (日)

芸術の秋2

秋は、スポーツや食欲などなど様々ありますが、引き続き芸術の秋のご報告です。

2010100312460000

画像があまり良くありませんが、和装の会の「白無垢からの早変わり」のワンシーンです。
着物を来ている方はもちろんですが、そばにいても心持凛としたものがかもし出されるものですね。
ちょうど、本部所長さんが体調を崩され参加されなかったところですが、早期のご回復をお祈りいたしております。

2010年10月 2日 (土)

芸術の・・・

いよいよ芸術の秋ですね。
親交のあるお花の先生のいけばな展があり、観賞も当然ですが、夜には懇親会がありました。彫刻家の原口先生や書道家の津田先生はじめ和装の先生等芸術文化各界の方々がいらっしゃる中で、私の存在は大丈夫か、と自問自答です。

まあ、始まってみればカラオケなんかもあったりで、良かった良かった!

芸術の秋を作品と共に堪能したところです。

因みに、今日は昨夜の十勝川から別海町へ移動し、昼には阿寒町へ移り、午後に華展を2箇所観賞し、その内の一つのいけばな展の祝賀会への参加というながれで、走行キロ数では500キロを超えていました。

ふっー!!

2010年10月 1日 (金)

お別れ

悲しい別れと、次の楽しみの別れがありました。

一つは、中学の同級生のお父さんが亡くなり、昨夜の通夜に続き告別式に参列です。
通夜では懐かしい顔ぶれに、昔話です。

もう、そういう年代になってきましたね。

日中は、市内を廻りながら、夕方には十勝川へGOです。
十勝川温泉での研修会に参加し、歌に踊り、そしてダンスにと女性のパワーに圧倒です!!
三次会までお付き合いしましたが、最後のラーメンは美味しかった。
これだからメタボなんでしょうね(笑)
お別れするには、名残惜しいところですが、次回は来年の春の研修です。

ただ、18時からの宴会だったのですが、到着が19時半で大ブーイングでしたが(笑)

明日は、5時起きで根室管内へ走ります!!

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »