« 平常 | トップページ | 寒空 »

2010年10月 8日 (金)

中国という国

ノーベル平和賞の受賞者が発表されましたが、自国民が受賞して喜べない国は、数ずくないでしょうね。
その一つが、中国ですね。
劉氏が受賞された民主化運動が、中国にとっては大いなる脅威であるのでしょうけどね。
中国国内報道でもそれ程取り扱いが低いようであるし、経済大国化した中国には国際社会がもっと毅然とした態度で接するべきでしょうね。

そして、中国のこうした体制維持は何時までも続くことはないと確信するところです。この受賞のことを契機に、国民雄目覚めがあり、体制の瓦解が始まるような気がします。
そうでなければならないとも、思いますが。

« 平常 | トップページ | 寒空 »

「ニュース」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事