« ベトナム | トップページ | 睦月 »

2010年11月28日 (日)

情報流出

米国では大変な事態が起こっていますね。
日本でもこの件は国家の秩序を大きく損ないかねないこととして、国民議論が沸き起こっていましたが、米国の機密公文書等25万件のネット流出は、今後の米国の外交関係にも色々と支障をきたしかねないものと思います。

私も、そうは言ってもこうしてネットを利用し情報を発信している一人でありますが、この利用にかかる倫理が大きく揺らいでいること、内部告発などのように許しがたい事象事案に対する不満や不平をこうした機関に匿名性を高くした上で簡単に公開できることなどネット社会の闇とも言うべき点が今後どのような方向にいくか心配でもあります。つまり、中国などのように国家がこうしうたものへの統制をするような事態になる可能性もあるということです。実際すでに警察等の組織は常にネットを閲覧し問題のいあるようなサイトを見つけ犯罪を未然に防ぐ対応等もとられているとも聞きます。
こうした無秩序な状況は、やはり利用者倫理に大きくかかる部分があり、出来うる限りの自己防衛も必要なことと思います。

いづれにしても、日々進化するネットにかかる犯罪を防ぐには、見知らぬアドレスにはアクセスしないことが肝要で、犯罪防止の第一歩でしょうね。

« ベトナム | トップページ | 睦月 »

「ニュース」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事