« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月28日 (月)

新春の集い報告

先日は私の「かさい龍司新春の集い」が開催されました。

一部ではございますが、内容を紹介いたします。

2011年2月25日 (金)

お見舞い

ニュージーランド大地震により被災にあわれた皆さまに心よりお見舞いを申し上げます。
また、未だ不明な皆様の一刻も早い救出をお祈り申し上げます。
ニュージーランドが地震国だとは知らなかったのですが、ここ地元もそうですし、日本も同様地震国であり、他人ごとではないように感じます。

2011年2月24日 (木)

新春の集い

タイトルの通り、新春の集いが開催されます。

2月26日(土曜日) 午後6時より
釧路市観光国際交流センターです。

会費は、2,000円となっております。

皆様のお越しをお待ちしております!!

2011年2月23日 (水)

笠井龍司の基本政策 ②

今日は教育問題についてお話いたします。

皆さんの声をお聞かせください。

2011年2月22日 (火)

笠井龍司の基本政策 ①

今日から数日間にわたり、私の基本政策を訴えていきたいと思います。

2011年2月21日 (月)

笠井龍司の決断

今日は市議としての4年間を振り返り、出馬に至るまでの経緯をお話いたします。

2011年2月20日 (日)

かさい龍司の所信

本日より動画を含めたブログを開始いたします。         日々の活動報告や思うことなど皆様に伝えていきたいと思います。

2011年2月19日 (土)

開会式

2011021915010000 日々あいさつ回りをしているのですが、その合い間に所属のスポーツ団体の開会式があり参加したところです。

ちょっと、一息というところでしょうか(笑)

さて、私はでょこでしょう?
ウォーリーを探せ状態ですね(笑)

2011年2月18日 (金)

街頭活動

街頭活動を継続しております。
関係の議員の皆様へも参加を呼びかけています。
20110218 今日は、雪の中での活動となり、ちょっと目立つ格好で街頭に立たせて頂いています。

今回は、住宅街での活動であったのですが、かなり様々な反応があり、少々驚きもあります。

さて、国会はもとより道議会も始まりました。
また、地元市議会もまたこの2月25日より開会します。
平成23年度の予算についての審議でありますが、厳しい財政状況と成長戦略が、実際にどのように運用されていくか、都市経営としての視点で捉えられなければならないと考えます。一方で、地方自治は二元代表制であることも忘れてはならないわけであります。議会においても、首長さんとの関係が、是々非々の姿勢として大いに問われるところでもあります。
ちなみに、地元市議会では改選後6月議会からは、質問形式は一問一答式になる予定です。

2011年2月17日 (木)

CHIE

午後から雪が降り始め、あらためて昨日の事務所開きは恵まれたことを感謝です。

また、私には今様々な形で知恵が必要です。
政策ということではなく、生きていくうえでの知恵、正しく日常における感覚での発想やご意見など、お気づきの点にはどんどんお寄せ頂ければ幸いに存じます。

2011年2月16日 (水)

新たな拠点

新たな拠点としての事務所開きが行われました。
首長さんはじめ市町村議会では、予算議会に向けての準備や説明会、委員会の開催など、またJAグループはじめ諸会議が行われているとのことで、やや人でも心配をされたところでありますが、伊東代議士はじめ多くの皆様のご出席を頂いたところで、あらためて感謝とお礼を申し上げます。

当日は、2月の釧路には珍しいくらいの暖かい好天に恵まれ、会場全体もいいムードであったと思います。

また、特にご来賓の中でも議員代表の藤原副議長のご挨拶には勇気を頂いたところでもあります。

さて、様々政策を申し述べるにはあまりに時間のないところでありましたが、しかし多くの皆様のお知恵をお借りし、しっかりどのような立場でも働かせていただくことには間違いはありません。努力を惜しまないのは、これまでの活動が証明していることと思います。

何卒、一直線の私へのご支援をお願い申し上げます。

20110216

事務所開き後、会見場にて

2011年2月15日 (火)

市議会議員選挙

直近で紙面を賑わせたものに地元市議会議員選挙において立候補者数が定数に満たないのでは・・・、という状況で、一方で現職道議のところで民間企業の若手オーナー社長を説得している等々、新人擁立に向けた各方面での取り組みもあるようです。

現在の市議会の定数は34名であり、今回の選挙においては6名減員の28名になるわけですが、それで無風や定員割れなどという状況はあってはならないものと考えるところであります。

人材の育成や発掘という必要性をなお更に感じるところであります。

明日は、事務所開きです。
若竹町14-6 10

よろしくお願い致します。

2011年2月14日 (月)

バレンタインデー

今日は、バレンタインデーでしたね。
チョコレートの食べすぎには注意を!!

さて、5年ごとに行われる国勢調査の速報値が公表されましたね。
地元も18万1千人と5年前と約1万人の減少です。
北海道としても550万人ということでやはり約12万人の減少です。
人口減少時代にあった都市像を今後掘り下げていく必要性が更に増した感がありますね。

一方で、会議や滞在・体験型の観光など地域特性を活かして人を呼び込むという視点で交流人口として捉えてみることも重要です。特に、夏季に冷涼な気候は避暑地としての一定の評価もあるところです。
これまでも軽井沢ののような構想など様々提言がなされていますが、いよいよそうした発想で人を呼び込み、一時滞在から長期滞在へ、更には移住の可能性へと結びつけていくことが必要と考えます。

人口

今日はバレンタインデーですね。
チョコレートの食べすぎには注意しましょう(笑)

さて、5年ごとに行われる国勢調査の速報値が公表されましたね。
地元も人口減で18万1千人弱一万人ほどの減少とのことです。

北海道においても減少の傾向の歯止めは止まらず、都市部への人口流出のみならず、この減少を踏まえた都市像のあり方、コンパクトシティなどについても深く掘り下げる必要があると考えます。

一方で、交流人口という人の移動もカウントすることも重要で、一時滞在や長期滞在など移住とは異なる視点でのアナウンスも、地域の魅力と共に発信することも重要と考えます。

軽井沢などのような構想がこれまでもよく提案されていましたが、正しくそうした考え方が必要でしょう。

2011年2月13日 (日)

お祓い

新事務所のお祓いの儀が関係者のもと行われました。
拠点となるtころですが、なんとかここまでたどり着いたところです。

お近くをお通りの際は気軽にお立ち寄りください。
若竹町14-6
(旧西池整形外科クリニックさんの斜め前です)

16日は、事務所開きを行います。
10:30~開式です。

2011年2月12日 (土)

まだまだ新年会

2月に入り当初は暖かかったのもつかの間、今夜は大雪の予報です。
そんな中、何箇所かの新年会に出席です。

20110212 こちらは、そのうちの一つのものです。
地元のある神輿の会の一つの新年会の華が見開きのシーン。

こうした新年会を掛け持ちしていると、遅れたり途中で退席したりと、主催の皆さんにやや失礼かなとも思いながら、会場内でもあいさつ回りに終始したところです。

この会場には、他党ではありますが徳永エリ
参議も出席されたおり、花を添えていました。

室内はこのように和やかですが、屋外は猛吹雪です!
明日は、事務所のお祓いですが大丈夫かな!!

2011年2月11日 (金)

ムバラク大統領

エジプトのムバラク大統領が辞任しましたね。
訪問したこともない国なので認識が薄かったこともありますが、このような混乱が起こるようなところとは思ってもみなかった昨今です。
様々な問題はありますが、「建国記念の日」にあって、日本の平和さをあらためて実感します。

さて、昨日はその「建国記念の日」で、また2月7日が北方領土の日ということもあり、この両日にちなみ党青年局の全国一斉街頭活動が行われたところです。
街頭活動参加者はじめ聴衆の皆様には、大変厳しい寒さの中での活動に深く感謝する次第です。ありがとうございました。
参加の議員である弁士から、現在の国政の状況や地域の課題など、また4月の統一地方選挙への取り組みなど、それぞれの立場で訴えたところです。

2011年2月10日 (木)

高橋知事

一月の中旬に写真撮影と同時に、高橋知事との懇談の機会があり、現下の北海道の財政等厳しいお話があり、平成23年度予算も多くの皆様の理解のもと、財政再建を柱にその組み立てをされているところとのことでありました。

そして今日、知事会見で示された予算も、前年対比10.9%減の2兆5千億円で、これまでにない緊縮のようであります。
地元のまちでも同時に市長の会見があったのですが、こちらも一般会計954億円の予算で縮減傾向です。

こうした時こそ、地域間格差が広がる可能性がある昨今、愛知県や名古屋市の選挙の状況や事例も鑑みながら、今こそ、またこれから更に地方議会こそがしっかりした見識を持ち、二元代表制をしっかりと認識しなければならない、と考えます。

2011年2月 9日 (水)

キャッチコピー

今回の選挙におけるキャッチコピーが決まりました。

若い力、今流れが変わる」です。
あえて「変える」ではなく意図的に「変わる」にしたのは、なんとかしなければならない現状にあって、当然に流れを変えるのも必要です。しかし、今の政権にも言えますが無理をすることによる無駄を生むこともあります。しかし、一方で既存の中に新しいものが入ることによる「リアクション」というものもあり、これにより自然に流れが変わることを意識したものです。

2011年2月 8日 (火)

視野

この度の日々の活動を通して、政策のみならずこれまで見えなかったものが見えたり、温かみに触れたりと、毎日が新鮮です。
時に、切ない場面もありますが、それは一瞬であり、希望の持てる方向性を導くための試練と思い頑張っています。

視野を一層広げようと思います!!

2011年2月 7日 (月)

神話

あいさつ回り中に雪が降り出し、その時伺ったお宅で「アイヌ神話に、何か行動をしている時に雪が降り始めるのは神様の恵みなんです」というお話をお聞きし、「神様から沢山の恵をもらえるね」というものでした。

いいお話を伺ったなあ、と思いながら、しかし今年は地区によっては豪雪になっており、気象の変化も大いに気にかかるところです。

2011年2月 6日 (日)

流れと節目

やはり今日の話題は、愛知知事・名古屋市長選挙の結果と大相撲春場所の開催中止でしょうか。

愛知知事の大村さんは、自民党の宏池会でもよく姿を見ていました。河村名古屋市長のペア選挙で見事結果をだされたところですが、やはり今もって変化を求める民意というものが大いにあるのかな、という思いです。今回は、名古屋市議会の解散にかかる住民投票も同時に行われたところで、こちらも解散という結果。既存に対する不満もあるのでしょうね。

さて、大相撲も節目を迎えましたね。
昨日に続き、今後の協会の動きに注目です。

私も、流れと節目を見誤らず、今後の活動を続けて行きます。

ところで、公開討論会をこれまでの実績のあるとこなど主催を打診していますが、候補予定者中でそれを望まない方がいるようで、実施が危ぶまれています。
公開討論会に出たくないなどという候補者は、立候補すらやめるべきで、地方政治の衰退かと大変危惧されるところであります。

是非、開催を望むところです!!

2011年2月 5日 (土)

柔道一直線

今夜、柔道の同好会の新年会があり出席をしました。
格闘家というより、皆さんとても優しそうな感じの方々で、ほっとするところでした。
思いがけない方も会員で、ちょっと緊張はありましたが(笑)

こうした格闘技系競技には相撲もありますが、春場所が中止になりましたね。
色々な事件があり、なかなか清浄化の難しさと同時に、国技としての相撲の将来が心配です。

さて、私の進む道も一直線です。
多くのスタッフに支えられ、ブレずに邁進中です!!

2011年2月 4日 (金)

立春

暖かい日が続きますね。
立春とは言え、2月ですけどね・・。

明日から氷まつりですが、大丈夫かな。

後援会の事務所の準備も進み、まもなく開設の予定です。
リーフレット等も準備が進んでいます。
今の最大の敵は、「時間」です。
あっという間に日が暮れてしまいますし、2月は日にちが少ないので!

事務所の近くをお通りの際は、お立ち寄りを!!

2011年2月 3日 (木)

節分

節分、ご存知の通り季節の分かれ目、立春の前日ですね。
そのせいか、少し暖かい感じがします。

後援会の一部幹部とも今日はお祓いを受けてきました。
節分にお祓いをするのは、季節の分かれ目には邪気が生じるとの言い伝えで、その悪霊を祓う意味があるとか・・・。

気持ちも更に切り替え、邁進中です。

2011年2月 2日 (水)

HAC

HAC(北海道エアシステム)の話題がこのところ続いていますね。
航空機を割りと利用の多い私にしても、こうした地域間コミューターの存在は貴重であり、特にこの北海道にあっては、道路の整備が進むこととこの航空路線の維持・拡充は重要なテーマに位置づけられると考えます。

航空機ならぬ、ソフトランディングの方向ですね。

120pxhac_company_logossvg1

2011年2月 1日 (火)

はれて・・・。

本日の党道連役員会で、はれて公認となるとの連絡がありました。
ここでは、紆余曲折ではありましたが、節目ですね。
地域的な様々な支援もあり、活発に動いています。
乞うご期待を!!

さて、国会論戦では予算委員会が開かれています。NHKでも中継をしていますので、是非関心をもって視聴を期待するところであります。
地元においても、この2月は予算議会になります。
財政健全化と成長戦略において、積極果敢なる議論が繰り広げられることと思います。
私はというと、3月3日に辞職するところであります。
この2月議会は違う立場で見守りたいと思います!!

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »