« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月31日 (木)

決戦前夜

本日で後援会活動も終了いたしました。明日はいよいよ北海道議会議員選挙の告示日です。

短い期間の後援会活動でしたが、精一杯走りまわりました。

本日でブログは終了ですが、10日後に元気な姿で良い報告を皆さんに伝えたいと思います。

告示目前

今日を残して1日で北海道議会議員選挙がスタートいたします。

ブログを通じて皆さんに伝えるのは今日が最後になるでしょう。

自粛ムードが漂う中、さまざまな方法を用いて活動しなければなりませんね。

できれば、本日中にもう一度ブログを更新しようと思います。

明日から11日まで更新できません。

良い結果を報告したいと切に願います。

2011年3月28日 (月)

選挙運動自粛

一昨日の26日に道議選候補予定者(共産を除く)で協議をし、東日本大震災を受け、選挙期間中の一部公費負担分の返上と運動の自粛について合意いたしました。

一程度の良識の範囲内で自粛が求められる中で、合意内容に準じて活動していきたいと思います。

その中で、私も日々各地区におきまして拡大役員会(党第一支部懇談会)を開催しております。

残された時間の中で、党はじめ私の政策を広めてまいります。

Img_0123

2011年3月27日 (日)

原発

原発に対する考え方が厳しくなってきました。
知事選の各候補者も公約にしています。
北海道においては、電量需要の4割ほどを原発で賄っているとのことです。
環境への配慮、電力供給上での必要性と安全対策かつ緊急時での情報の公開、化石燃料からの依存脱却などその時その時で賛否がありますが、総合的な見地からの今こそ議論が必要ですね。

2011年3月24日 (木)

北海道知事選挙

本日、北海道知事選挙がスタートしました。
今後の北海道の自立の方向に向かい得るかの大事な選挙であります。
また、同時に災害復興・復旧や防災にかかる考え方・取り組みにも、これまでの国の考え方と異にするであろう期待も含め、大きく関心が集まることと思います。
私は、その上でのこれまでの髙橋道政において2期8年と今回の震災にかかる迅速対応には大変評価をしている一人でもあります。

どうか、4月10日には投票と言う行動を通じ、是非政治に参加をして頂きますようお願いを申し上げます。

2011年3月23日 (水)

緑の息吹

移動中に外を何気なく眺めていると、ところにより緑が輝いているところがあります。
春も近いのかな・・・と感じる一瞬でもありますが、一転雪が物凄い勢いで降ってくるなんてこともあります。気象の変化もあり、自然というものの中で何かが始まっているような気がしますね!

2011年3月22日 (火)

市議会議員選挙

統一地方選挙では、知事・道議のほか、市町村長やその議会の選挙も日程は異なりますが行われます。
知事。道議・政令市長及び議会が4月10日投票
その他の町村議会の長及び議会が4月24日投票です。

地元も、市議会の選挙が行われますが、先日の新聞報道でも依然定数割れの立候補の状況であり、議会のあり方や定数議論が再び再燃するやもしれない事態であり、かつ政治に活力が失われているということでもあり、経済の活性化にも大きく影響のあることと思います。
志ある方の登場に期待がかかります。

2011年3月21日 (月)

公開討論会

この大震災を受け、日常にも大きな影響がでています。
ガソリンや水・米・乾電池・携帯ラジオなどなど品薄になっており、このことがなお更に不安をかきたて更なる買い溜めへと紐付くといった事象にもなっているようであります。
冷静な行動が一層求められ、被災地への復興支援の活動が更に広がることを期待しております。
私共の事務所へも、多くの善意が寄せられており、党道連・本部を通じ、被災地への対応となる予定であります。

さて、選挙戦も低調なムード中、公開討論会の開催についても議論が再びあるようです。
当初から開催については、候補予定者の間でその是非や温度差があったところですが、震災にかかる道議会の召集が30日となる予定で、現職を中心に既に欠席等の連絡が主催元へ入っているようです。様々自粛の動きが広がる中で、この公開討論会はライブであり政策の違いや考え等如実に浮き彫りになる機会でもあり、是非開催の実現を望むところであります。

ちなみに、道議会の召集は30日の午前中で調整されているようでありますが・・・・・。

2011年3月20日 (日)

震災復興と選挙について

日を追うことに震災の被害が明らかになり、事態が深刻化してきました。

しかしながらライフラインや物流状況も回復傾向にあります。

東北地方だけの問題ではなく「強い日本」が一丸になって皆で協力していきたいものです。

我々も事態の深刻化を考えると通常の選挙とはいかなくなりますので、その点を十分に考え戦っていきたいと思います。

2011年3月18日 (金)

TPPシンポ

TPP
皆さんご存知かと思いますが、環太平洋連携協定でありますが、単純に加盟国は貿易にかかる関税を完全撤廃し、その分野はすべてと言っていいほどであるというものです。
その分野とは、何も農畜産物に限らす、建設資材、公共事業、医療・福祉・労働等といったものまでを含むもので、日本がどこかの国の一部にあるようなものと言ってもいいものです。
20110318tpp そのシンポジウムが開催され、一時間ほどの公開講演に参加したところです。
お茶の水大学の田代先生のお話は大変わかりやすく、特に牛乳乳製品の消費拡大には、朝ごはんの習慣が大事とうものは、納得でありました。その経済効果は、1.8兆円で朝ごはんの習慣をしっかりすることは、学習等の教育のみならず経済にも大きな影響があるということです。

2011年3月17日 (木)

原発

日々のニュースや新聞の移り変わりをみていますと、震災から原発そして復興へと、様々です。特に、復興関連では、被災地への物流の問題から救援物資が届かないなど、復興への道筋もなかなかつけにくい状況のようです。

一方、集団移住についても本格的に始動しはじめました。地元も、市営住宅の開放など被災にあわれた方への対応が出てきております。今回は、国上げて大胆に動くことが誰しも必要と感じていることと思います。

さて、そうしたニュースの中でも、原発については大変憂慮すべき事態になってしまった気がします。情報開示も含め、国内における最悪の原発事故だけにしっかりとした対応が今こそ望まれます。

2011年3月16日 (水)

統一地方選

統一地方選の実施の有無が気になる方もいらっしゃるかと思います。
被災地においては、特例法により延期となります。

一方、北海道はどうかというと、現在のところ選挙の実施が困難なところなないことから、予定通りのようであります。しかし、活動については大きく自粛となり、また節電実施や義援金はじめ必需品等物資など多くの善意が寄せられており、党を通じ被災地へ送る準備を行っております。
皆様のお心に深甚なる敬意を表するところであります。

地元新聞でも多くの善意が各方面を通じ行われております。

2011年3月15日 (火)

陣中

各関係機関へ陣中に伺っております。

地元においても、直接の被害はもとより間接的(お取引やグループ会社、出先等)被害、また人的にもご親類や知人友人などの被災状況が、時間の経過とともに様々な情報が整理されるにつれ、刻々と判明するところであります。

これまでの同僚議員の家族も被災地におり、議会を休み現地へ飛んだようであります。

また、原発に関わる事故状況も日々悪化の途にあり、今後の対応に世界が関心を寄せているところです。G8外相会議においてもそのことがメインになっており、日本の技術にも大いなる期待もあることと思います。

2011年3月14日 (月)

義援金受付

被災地への義援金の受付が開始されています。
わが党でも、受付が可能で、私の党支部においても募金を受け付けております。最終的には、道連取りまとめになります。

また、衣類等の取りまとめも必要ではないか、とのご連絡も頂いております。

ボランティアの活動希望の申し出もあります。
しかし、こちらはまだ現地の状況の把握やまたその指揮系統等の統制上の問題など、整備がされておらず、加えて宿泊等の施設についても被災者の皆様が優先されており、宿泊・食事等全くのボランティア以外は、まだ皆様の希望に添えきれない状況と伺っております。
現地の状況を良く確認の上、無責任にならないボランティアの活動をお願い申し上げます。

一方、地元においても各種イベント等の自粛並びに延期が続いております。かつ、節電に協力する動きもコンビニさんはじめ出ております。

世界のメディアも日本人の冷静さや秩序ある行動に、感動を呼んでいるとの報道があります。日本人として、誇りに思います。

2011年3月13日 (日)

被災状況

東日本大地震の被災者の皆様に心よりお見舞い申し上げますと共に、安否不明者の救出並びに被災地の早期復興への取り組みが一刻も早くなされるようお祈り申し上げ、私の立場でも出来ることをやってまいりたいと存じます。

ようやく大津波警報から津波警報、そして津波注意報へとなりました。これまで通行止めの橋等も通行が可能となり、日曜日ではありますが翌月曜からの経済活動再開に向けた取り組みがなされた日でもありました。
2011031309540001 様々な施設に被害をもたらした今回の津波であります。画像は、市内漁業施設の様子です。水産関連施設はじめ販売・飲食等の商業施設や工場、ホテルにも大きな爪あとを残しており、今後の復旧の目途も立たないところあります。

宮城県や福島県の様子も心配でありますが、取り急ぎ地元の状況も把握し、今後の都市機能や必要な措置につき、関係機関に要請してまいります。

何をしても、まずはお見舞いを申し上げます。

2011年3月12日 (土)

街頭演説

先日行いました街頭演説の一部を公開いたします。

まだまだ寒いですね!

2011年3月11日 (金)

大地震

平成23年 東北太平洋大地震の被害にあわれた皆様に心よりお見舞いを申し上げます。
また、今後の地震や津波に引き続きの注意が必要ですし、早期の復旧等も必要と思います。
当地方も少なからず地震の多いまちですし、先日もニュージーランドのこともありました。
大きく憂慮するところです!!

2011年3月10日 (木)

地域課題

様々な方面への訪問が続いていますが、地域的な課題や政策的な問題等を都度提起頂いております。
先日もゲーミングのフォーラムが開催され冒頭出席をさせて頂きました。
やはり、特に当地方における最大関心事でもあり、かつ課題でもあるのはやはり経済の活性化であります。
こうした活性化の切り口を色々と研究することは大事であり、カジノはじめ最初から否定するのではなくて、メリットデメリットをきちんと整理し比較検討する必要があると考えます。

その上で、カジノ等の複合ゲーミングにかかる関連施設整備は一つの選択しでもあり、また検討に値するものと考えます。
まだまだ国内法の整備等ハードルは高いようですが!!
しかし、いざとなった時に備え、準備はしておくことが肝要でしょう!!

2011年3月 9日 (水)

春眠

最近、移動中にフッと睡魔に襲われることがあります。
目的地について顔が腫れているようなことも・・・(笑)

春の足音が聞こえるようです!!

2011年3月 8日 (火)

ドミノ倒し

前原外務大臣に続き、細川厚生労働大臣の主婦年金問題は、全く所管大臣としての当事者能力と言うか意識に欠けるところで、現内閣の状況が推して知るべしかと感じます。

ドミノ倒しの状況ですね。

2011年3月 7日 (月)

立候補説明会

道議選の立候補者説明会が行われました。
私どもの関係者も出席したところですが、予定通り6陣営からの参加です。
一層緊張感がでますね。

さて、このところ街頭活動が出来ないでおります。
同時間帯の日程が詰まり、ご無沙汰の状態ですが、時間の都合がつけば調整したいと考えています。

2011年3月 5日 (土)

環境に関して

日々、後援会活動に励んでおります。

今日は環境と税に関してお話いたします。

2011年3月 4日 (金)

水産関連

現在、地元大手の漁業会社の操業停止による原漁不足が、加工会社の操業はじめ運輸・燃料・製氷など地元経済の多方面にわたり大きな影響を及ぼしており、企業及びそこで働く皆さんへの早急な対策が必要と考えます。

基幹産業の位置づけにある水産業が大きな危機にあり、まちをあげて知恵を出すことが必要でしょう。
私も、市へ要望をしているところであります!!

2011年3月 3日 (木)

ひな祭り

今日はひなまつりですね。
事務所にひな壇を設置しております。
見学にお越しください。

さて、本日の3日付けで議員辞職となりました。
呆気ないもので、議場に入ることなく、かつ登庁することもなく終わったのは非常に寂しい限りです。

しかし、未来志向でガンガン前へ進んでいます!!

2011年3月 2日 (水)

自民党総決起大会

昨日お話いたしました「自民党総決起大会」の中で、私の挨拶を紹介いたします。

2011年3月 1日 (火)

弥生

今日から3月弥生ですね。
草木がいよいよ生い茂る月でありますが、地元にはまだちょっと早いですね。
今日は、早い時間から雪が舞っています。

さて、この3月1日と言えば、卒業式です。
地元の高校でも、わが母校でも行われたところですが、私自身は残念ながら日程の都合上出席できませんでした。
午前中は、高橋はるみ知事ご本人をお迎えし、今春の統一地方選挙に向けた知事の後援会事務所開きが行われ、また夕刻には党の総決起大会が行われたところです。

こうした場面では、私も道議選挙に出馬をさせて頂くにあたり、決意表明であるとか政策であるとか、様々機会を与えられるところでもあります。後に、動画がアップされると思いますが、ちょっと挨拶中の癖が気になり、直さなければならないと、ご意見を頂いているところであります。

ともあれ、2月は割りに暖かい日が続き、地元も雪も少なかったところです。
3月は、受験の季節でもあります。
私も、4月春を迎えあられるよう、頑張るのみです!!

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »