« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月27日 (土)

代表選?

民主党の代表選がスタートしましたね。
日本の総理を選ぶものですが、何かに欠けているような。
コップの中の争いだからでしょうか?
かつて、自民党も同じような事が繰り返されたことを思い出しますが、そういうことが起こらないことを期待されていたはずなんですがね。
政策議論を戦わせるとのことですが、さてどうなのか?
大変疑問ですね。

2011年8月26日 (金)

総理辞任

ようやくこの日が来たという感がありますね。
しかし、会見では厳しい環境の中精一杯やったというコメントがありましたが、かなりKYではないでしょうか。
明日の代表選がどうなるか、注目です。

地元では、市長さんのビールパーティーが開催されましたが、ご本人からは来年の選挙については特にコメントが無かったところです。
政治の状況も、刻々と変化していますからね!

2011年8月17日 (水)

議会資料の整理

昨夜の委員会が遅くなり、起床もスローに。
ただし、千歳空港への移動を考えると、そうゆっくりとしてもいられないのも事実です。

さて、一旦議会に立ち寄り、資料をまとめ空港へと向かったのですが、資料が多くて思い思い。なぜ、資料をわざわざ地元へ持参するかというと、関係のある地元市議の方々へ政策還元するためになんですけどね。

夕方には、市議の方々と役立つ資料に目を通しつつ、自身もその書類の整理に励んだところです。

2011年8月16日 (火)

疲労感

今日の特別委員会は、正直疲れました。
泊原発3号機営業運転移行のための国による検査の実施について、知事の認定の必要はないのですが、海江田大臣より知事容認後という、ボールを投げられた結果、今回の委員会の開催になったところです。
予定より遅れて開会し、一時間程で休憩です。その後が長く、党のエネルギー調査会が開催されたり、各会派間の調整もあり、再開がなかなかされず、知事が出席した委員会が再開されたのは、午後10時半も過ぎたころでした。
わが会派は代表により質疑が行われましたが、知事の答弁に100%納得したという委員はいないような雰囲気だった様子です。傍聴者からもヤジが飛び、時折委員長からの注意があったのではありますが、緊張が続く一時間でありました。

0時を回ることなく終了し、帰宅の途につき、なぜ今日の開催でなければならないのか、それほどに原子力委員会による検査を急ぐのか、知事の容認にタイミングが今日に合わせていた理由が不明のまま、終えた委員会でした。

2011年8月15日 (月)

平和の祈り

今日は、終戦の日です。
地元はじめ、日本でも関連のセレモニーが開かれたところですが、福島原発のことが思い出されます。戦争ではなくても、被爆するという恐怖、それも内部被爆ということもあります。
様々な意味で、平和の祈りを捧げるところです。

夕方には、地域の盆踊りに顔を出しながら、札幌へ明日の産炭エネルギー問題特別委員会へ出席の為移動です。
この委員会も急遽の開催で、お盆のこの時期に、しかし喫緊の課題でもあり、複雑な思いで出発したところです。

2011年8月14日 (日)

慰霊祭前夜祭

毎年のことですが、終戦にあわせて行われる慰霊祭の今日は前夜祭です。
市で護国神社を祀っているところは珍しいのですが、地元にはあります。
夕方にやや雲行きが怪しくなってきたのですが、やはり神事の最中に結構強い雨が降り始め、これも戦火に散った英霊の涙雨なのかとも思いながら式典に臨んでいたところです。
明日の戦没者慰霊大祭は、晴れて欲しいですね!!

2011年8月13日 (土)

春採湖水祭り

今年も春採湖水祭りの季節がやってまいりました。
第48回を迎えるところです。
ホタテ王子として参加も4回目、ホタテ串焼きとコマイ焼きの担当のことですが、暑さの中で完売した時の喜びは何とも言えませんね。
朝の8時集合以降、例年の作業としてテントの組み立てから始まり、焼き物を串に刺すなどの諸準備に追われ、昼にはお客さんはもう来はじめると言う状況。
2

13:00からの開会式には多くの方が既に訪れており、以降のイベントに花を添えて頂いたところです。

夕方には、無事に私のパートは完売し、後は花火をゆっくり楽しんだところです。

来年も多くの方のご来場をお待ちしております。

イベントの最中には、実は売り子を友人に任せ、鶴居村のサッカー場へ応援や後援会や後援会の行事があり、汗と油にまみれながら動きまわった一日でした。

明日は、少しゆっくりのスタートにしようと決意したところで、寝ることとします!!

2011年8月12日 (金)

看護専門教育機関要望

地元地方議員連盟の知事要望に同席です。
要望内容は、タイトルの通り「地域における看護師不足」を補うための教育機関の創設のための予算要望です。
既に、国では地域医療再生交付金を決定しており、道がどのような計画を立てるかが待たれるところであります。
ただ、ほぼ中身は固まっているのですが、その計画が国に認定されるかが問題でしょう。
この他にも、ドクタージェットの試験運航経費なども盛り込まれるところです。
ただ、ここには最近にわかに現実味を帯びてきた「医大創設」にかかる経費が見込まれていないことが残念です。
ドクターヘリなど、広域の救急医療には一定程度の成果は大いにあることと思いますが、根本的な医師不足の解消には至っていません。
医師偏在の解消に今こそ医大の創設へ向けた市民議論や環境づくりに励む時と考えます。

今日は、札幌を日帰りです。

2011年8月11日 (木)

歌謡教室レクレーション

代表を務めるの歌謡教室のレクレーションに参加のため、早朝便で地元へ戻りました。
一年に一回の温泉でのレクですが、皆さん元気ですね。
会員さんの多くは、割と高齢なんですが、なんのその。
昼からお酒も入り、歌に踊りに温泉に・・・。
私は、車に乗る都合ノンアルコールですが、笑いありで楽しいひと時でした。

夜は、超党派の議員さんの懇談会に参加し、市政全般にわたる意見交換をしたところです。
まあ、まちを良くしたいのは皆同じなんですね!!
今後も、情報交換をすることで一致し、一次会で解散です。

2011年8月10日 (水)

特別委員会視察

今回は、産炭地域振興・エネルギー問題調査特別委員会の視察です。
泊原発、京極の純揚水式発電所工事現場、伊達のソーラー、更に森町の地熱発電です。

調査期間は、8日~10日まで。
しかし、9日の朝食時から何か慌ただしを感じたところでした。
それは、7月に知事から国へ質問がなされていた回答が突然あったということで、急遽8日に視察を終えた泊原発3号機の調整運転から営業運転への切り替えの最終検査申請が北電に世って9日昼にも行われるというもの。
道民議論の余地が大いにある中での、この申請によって原子力保安院による最終検査と原子力委員会への報告検査、そして営業運転後にストレステストも行われるという手順。再稼働ではないので知事の容認の必要はないものの、しかし広く道民議論の必要はあるこの問題。福島原発の事故原因もいまだ未解明であり、安全基準も明確ではない中、Wチェックはあるというものの、ちょっと不安なものです。こうした環境で、3・11以降初の営業運転を開始していいのか、そういう議論が視察中の委員会でおこり、10日の日程を繰り上げ急遽議会へ戻ることにし、10日には各会派において対応を協議することとなったところです。

その間にも、経産大臣から知事の容認後に検査に入るという国からの打診があり、更に事態が変化したところ。

結果、今後委員会の開催の可否など協議しつつ、党のエネルギー問題調査会とも連携して対応を協議ということになった次第です。

この3日間は結構バタバタで、また現場でも動きながらの議論があった視察でした。
私も、党のエネルギー問題調査会の末端の役員の一人であり、委員会もそうですが積極的に関っていこうと考えます。

2011年8月 7日 (日)

小休止

行事続きでちょっと小休止です。
事務所にもまだ片づけていない書類もあり、所内作業しながら海上保安の船を表敬したり、パレードを観覧したり、初盆廻りなんかもあったり、こまごまとした活動に専念です。

夕方には、明日からの視察に備え出札し、地元の夏の行事が終了しました。

2011年8月 6日 (土)

舟漕ぎ大会

今年こそは、という思いで参加するもやはり今年も予選落ちでした。
5分弱で、最終的な結果はわかりませんが、だいぶん後ろのほうでしょう。

Dsc_0052今年も変わらないメンバーでの参加でしたが、敗者復活にも入らず、チームドラゴンの夏のイベントも終わりました!

まあ、参加者にすればもう疲れなくていいのでラッキーだったかもしれませんね。

昼食後、夜の打ち上げまで各自それぞれの時間を過ごし、日焼けをクールダウンするしたところです。


その間私は市民踊りパレードに参加するなど、まだまだイベント参加中です。
明日が最終日。
日焼けがちょっと痛いくらいです。




2011年8月 5日 (金)

みなと祭り開会

午後に札幌から地元に戻り、夏の風物でりますみなと祭りの大漁ばやしパレードに初参加です。昨年の事故を受け、今年はややオトナしめの大漁ばやしパレードでしたが、それでも沿道には多くの市民が繰り出しており、夏のひと時の賑やかさに歓声が上がっていました。
天気が悪く一時間程度で終了してしまいましたが。

今夜は、今年で参加5回目?になる舟こぎ大会の準備もあり、早めに自宅に帰ることとなりました。明日は早いですから。

2011年8月 4日 (木)

シマフクロウ圏

地元釧路と根室の商工会議所・商工会の合同要望会が行われました。
地図上で釧路管内と根室管内を合わせた形がシマフクロウに似ていることからこうした圏域名になっていますが、その合同の要望界では各地区のお歴々が出席されておりました。

朝一便で地元に入り、要望会を終えて、また札幌に戻ったところです。
夕方には、地元議員団が札幌に入っており、懇親をしたところです。

2011年8月 3日 (水)

ティファニーで朝食を・・・

タイトルほどではありませんが、道議会付近のホテルで朝食勉強会です。
それも、AM7:00~です。
今回は、国土交通省の港湾局からゲストを迎えてのものです。
地元のバルク港湾に指定されるなど、今後の空港問題も含め多岐にわたる意見交換になりました。

その後は、議会の産炭地域振興・エネルギー問題特別委員会、終了後党のエネルギー問題調査会で、アンケート問題についてまた新聞で報道が先行しかつわが党が反対してるとの事を受けて昨日に続いての委員会です。

夕方には、党道連と新人議員との意見交換会が開催されました。

2011年8月 2日 (火)

今の問題

今日は、会合や委員会の連続でした。
それも、北海道で大きな問題になっているテーマのものです。
HAC監視委員会では、今後のHACの運営体制について国交省へ提出した業務改善計画提出によるもの。続いて、エネルギー問題調査会。これは今の原発問題です。地元住民へのアンケート問題が中心でした。昼に議員総会後、委員会です。昨日打合せの通り、震災による漂着漂流物対策について質問をしたところです。終了後、こちらも北海道では問題になっているエゾシカ問題の勉強会です。条例化に向けての取り組み説明です。

終了後、大通公園のビアガーデン付近で広報委員会による街頭活動です。ビアガーデンを横目に広報委員長はじめ計4名にて実施です。

最後は、街頭活動終了後政策審議委員会と役所との意見交換会が開催され、この日は私が司会進行でした。楽しいひと時でもありました(笑)

2011年8月 1日 (月)

札幌市内視察

昨日のマラソン大会の影響か、朝から体じゅうがガクガクです。
痛いというより、腕や足がロボットのように動きになっているような。
それにしても、反応が早い、と自分なりに納得し、歩く速度も遅く視察出発時間に間に合わないとまずいので、タクシーで出勤です。
さて、今日はそうした体調ではありますが、所属会派政策審議会中心に札幌市内の道関連施設の視察です。私と同僚議員が幹事で、地元に知事が入るにもかかわらず、視察優先としたところです。

視察先として、道総合研究所や食品加工研究センター、札幌医科大学、ジョブカフェと研究施設や医療分野を中心に視察をしました。

夕方には、明日の委員会質疑の意見交換や参議院議員のパーティ・行財政の勉強会など出席するなど慌ただしく過ぎ去る日々に、追われる感がありますね。

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »