« 2012年6月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月20日 (月)

二次医療圏見直しでの要望

国において二次医療圏の全国一律による見直しの動きがあり、圏域における医療利用者数によって圏域を広げるというものです。そのルールだと人口の少ない地域では自然に医療圏域が広くなり、医療体制の充実が今以上に難しくなることが容易に想定されます。それ前に必要なのは、地域医療そのものの充実であって、それをせずに圏域の拡大を目指すのは、おかしい、という要望を知事に行ったところです。知事が不在のため、副知事対応になったところですが、よく理解頂いたことと思います。

明日からは、常任委員会の道内視察です。
室蘭市でのPCB処理施設の視察など、今回は地元阿寒湖やKCMも視察先に入っています。

2012年8月19日 (日)

尖閣諸島と日本人上陸

ついに出現しましたね。
地方議員等10人の尖閣上陸。
気持ちとしては、よくやった、といいたいところ。
但し、今後国内法でどのような対応になるのか、注視が必要ですね。
外国人が上陸して、強制送還で終わったところでの、今後ですからね。

今夜は、地元市民盆踊り大会なんですが、お通夜と重なったこともあり、今回はじめて欠席となりました。
また、来年の参加になりますね。

2012年8月18日 (土)

歯科学術学会懇親会

地元でも地域イベントが開催されていますが、歯科学術学会懇親会が開かれ、出札しました。
地元からも、歯科医師会長はじめなじみの先生方が来られており、懇親できたところです。
地元以外で、ちょっと変わった雰囲気で懇親できるのは、非常に親密さも深まるので、いいことと感じております。

それにしても、明日はその歯科医師会会長経験者の令室が亡くなられ、現医師会長が葬儀委員長をされるとのことで、トンボ返りだそうです。

私も、その葬儀には列席の予定です。

2012年8月17日 (金)

高校間口問題

高校の公立校と私学との間には、生徒の取り合いという問題があります。
公立高校は、ご案内の通り現政権による高校授業料無償化がなされ、少子化における私学の運営は非常に厳しい局面にあるようです。この少子化に伴い、年々高校における間口を計画的に削減しているところですが、私学としてはその削減幅をもっと広げるべきとの見解です。
要望の内容は、地域にも大きな影響もあるところで、即対応という事は難しいところであはりますが、今後特色ある学校づくりをどのように進めるかがカギにあるものと考えます。

それに、もう間口調整だけでは対応しきれないところまで来ている、との感もあります。
私は、そろそろ定員の議論もする時期にきたと考えます。今後の議会議論でも取り上げたいと思います。

さて、地元に戻り、弔問や税理士の先生がたの政治連盟の大会懇親会に参加です。二次会には出席せず、市議会時代の同期会に主席です。今後の政局などについて大いに盛り上がったところです。

尖閣上陸の香港の方々は強制送還ということで、決着がついたようです。
これで、本当によかったのでしょうか?

2012年8月16日 (木)

尖閣

香港の方々が日本の領土ある尖閣に上陸するという、大変由々しき事態になったと感じます。
韓国、ロシアと並び中国もこうした日本の周辺事態にかかる問題に大いに関与しているものと考えるところですが、今回のことも民間人が勝手にやっていることなのでしょうか。
総理は厳正に対応するとのことですが、送検し国内法で裁くべきでしょう!!

さて、地元は朝から雨で天気このところ連日よくありません。
今夜は花火大会でしたがどうだったのでしょうか。
実は、明日の高校の間口問題についての要望の為、出札したところです。
道の危機対策の方々との懇談をしたところですが、災害のみならず日本の周辺における危機管理体制の構築も急がれるところですね。

2012年8月15日 (水)

終戦及び平和祈念日

あれから、67年が過ぎました。
今日は、終戦を迎えた日ですが、日本の各地において戦没者追悼式や平和祈念の式典が挙行されたことと思います。地元も、ご多分にもれず、午前中からの式典が続き、午後からも同様の式典の臨んだところです。
日本は、本当に平和なのか?
最近の日本の周辺で起こっている近隣諸国による領海や領土を侵される行為をこのまま弱腰な対応でいいのか、私も大いに疑問が沸き起こってきます。防衛力の削減を叫ぶ現政権には、私も国民の一人として安心して住むことが難しい世の中になりつつあるのを感じるが故、早々に退陣願いたいと本当に思います。

日本はどこに向かっていくのでしょうか?

夜には、地元の西地域にあるドーム内での盆踊りに参加です。
市議会時代の同期が実行委員長をされているのですが、盛大なものでした。
Dsc_0221_4


2012年8月14日 (火)

さぼり癖~IWC年次大会

ブログもさぼり癖がつくとダメですね。
あちこちから、更新の点ご指摘を受け、ようやく本日その気になったところです。
結構いい加減なところもあるという、人間らしいというtこで、お許しを頂ければ幸いです。
都合よくて、すみません!!

さて、7月も上旬までは2定議会があり、終了後も地元や政策審議委員会などに追われていたところです。
7月も決してサボっていたわけではありません!!
特に、会期中ではありましたが日本政府代表団の一員としてIWCの年次大会にパナマに出張したり、例年の行事等にも対応していました。IWCの年次大会では、パナマということもありパナマ運河の視察や国際漁港はじめ水産関係者からの聞き取りなど、貴重な視察もできました。また、IWCの年次大会においては、海洋資源としての鯨類の資源利用支持国としての日本の立場を鮮明にしつつも、小型捕鯨の商業捕鯨再開も含め、ハードルは高い結果となったところです。今後の年次大会の開催は二年に一度となり、次回開催国は未定です。そんな中、韓国が調査捕鯨に乗り出すとの意向を表明し、反捕鯨各国から批判の声も上がったところです。
国内開催の鯨フォーラムの次回開催地が未定でもあり、今後国内的にも、さらに北海道内においても、鯨の熟度を上げていく必要がありますね。

8月もお盆に入り、明日は終戦記念日です。
地元においても、戦没者追悼式などが開催されるなど、盆踊りも各所で行われています。

9月には、毎年恒例のビアフェスタが開催される予定です。
例年よりちょっと早いのですが、ぜひ多くの皆様のご参加をお待ちいたしております。詳しくは、事務所(0154-32-1188)へお問い合わせください。

暑い日が続きますが、ご自愛ください!!

« 2012年6月 | トップページ | 2012年9月 »