« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月31日 (水)

10月の終わりに

札幌の銀杏並木もすっかり色付き、時々銀杏を路上で拾っている方を見かけます。

このところ、天候も悪く、冷たいあめも。
そのせいか、風を引いている方がかなりいますね。
急に季節が進んだので、そのせいでしょうか。
4定の準備にも入りました。
本日、各部の重点ヒアリングが行われました。
ちょっと残念なのは、私は決算の準備も並行しており、ヒアリングもぼちぼちな状況でした。更に、今夜地元へ戻ったところなので、ヒアリングを中座してしまい、散々なヒアリングでした。
日本シリーズが盛り上がってますね。
地元なのでやはり日ハムが気になりますね!
明日から霜月です。
そろそろ初雪の便りもあるかもしれませんね。

2012年10月30日 (火)

書面審査

決算特別委員会の書面審査も終盤です。

その間、衆院選用の道連公約まとめも修正が入り、担当の防災やエネルギーの部分修正にも追われるところです。
そろそろ質問のまとめも、と思うのですが、ちょっとエンジンがかからず、中途半端な状態です。今夜から本格的な質問書きに入らねばと、焦っているところでもあります(^_^;)
このところ、地元へ帰ったら、DVDを借りてます。
今はフリンジです(笑)
週末はフリンジデーです!

2012年10月29日 (月)

第181回臨時国会

ようやく開会しましたね。

過去の慣例的な秋の臨時国会はもっと早い招集だったかと思います。
政権側の内閣改造や与野党党首選挙があったからとはいいながらも、やはり特例公債法案などの対応の問題もあるのでしょうか。
高橋はるみ北海道知事もこうした予算関連法案を人質にとるような動きには批判的で、与野党しっかり議論してほしい旨の記者会見での発言もありました。
いよいよ解散総選挙、ちょっと冷静に、やはりその前にやることがありますね。

2012年10月28日 (日)

合同花展

地元でも芸術祭のイベントが日々各地で開催されています。

Flower_work_pic12
その一環で、生け花の各流派合同の花展で、お花の観賞のひと時です。
毎年恒例ですが、今年も古典や現代アレンジなど、各流派の個性も華やかさとともに生け花に込められていました。
さて、キリンを釧路動物園に贈ろう、ということで札幌の大丸にも募金箱がありました。期間限定のようであいりますが、札幌へお越しの際は、札幌大丸インフォメーションへお立ち寄りを!!
関係者のサンディエゴ行きも間もなくですね。
目標達成を陰ながら応援しております。

2012年10月27日 (土)

戦車隊射撃競技会視察研修

北海道内の戦車隊の射撃競技会の様子を視察しました。

Dsc_0277この画像は、競技会場へ行く途中のものですが、戦車隊の様子です。私は都合で、ほんの僅かの滞在でしたが、緊迫感のある競技会の様子により関心を高めたところです。
この競技会は、各隊何か月も前から訓練し、本日を迎えているようで、昨日から開催されているとのことでありました。
戦車から、正確に目標となる的へ砲撃するのですが、昨日は制限時間内に任務を遂行し、射撃も正確で大変すばらしい成績の部隊があった、とのことで、今日は一層緊張感のある競技の様子を視察できました。
午後には、地元市長さんの選対本部解散式に臨み、挨拶等をさせて頂いたところです。

2012年10月26日 (金)

続・石原新党

石原さんの話題が続きますね。
知らなかったのですが、国民の生活が第一も昨日設立パーティが行われていたようですが、ほとんど話題になりませんでしたね。

しかし、石原さんも上手いなと思うのは、話題がない時だけに、ワイドショーなんかもやや暫くは取り上げることでしょうから、宣伝効果も大ですね。子息の石原伸晃氏の自民党総裁選での結果もでたところだし、決断できたのでしょうね。
明日は、自衛隊の射撃競技会の様子を視察し、地元へ帰る予定です。

2012年10月25日 (木)

石原ショック

びっくりしたというか、少々驚きましたね。

新党ですか。
橋下維新の会との連携などどうなるのか。
これまでまた総選挙が先に延びそうですね。
さて、その総選挙に向けて、北海道1区と10区に一定の結論がでたようで、残るは4区がどうなるかですね。今言われているような結果になるのか、注目です。
夜には、今後の北海道の国際的な経済交流を目指すことを目的に、道庁や民間の方々との懇談会が立ち上がりました。非常に有意義な時間となりました。

2012年10月24日 (水)

中標津町

先輩議員のご尊父様の逝去に伴い、中標津町を日帰りしたところです。

酪農大国らしく、空港の売店では乳製品が多かったように感じたところです。
移動中は、よく眠れました。

2012年10月23日 (火)

北方領土

先週、北方領土市民の集いに参加し、青年部の数名も一緒に、ひと時領土問題について認識を共有できたところです。

Dsc_0277
特に、旧島民の方の語りべとしてのお話は、現実のお話であり、大変貴重なものと思います。その他、高校生の論文やビザなし参加者の体験談など、今後の北方領土以外も含め領土問題の啓発啓蒙活動の必要性を一層感じたところでした。
やや形骸化している返還運動を盛り立てる必要性と、このところのロシアの領土問題への変化とも受け止められる動きにも大いに注目ですね。

2012年10月22日 (月)

団体政策懇談会

党道連政調主体による、団体からの要望会が今日から4日間にわたり開かれます。

初日の町村会を皮切りに、40団体余りから要望を受け付ける予定です。
伊東道連会長も、毎日出席の予定との事で、これまでにない懇談会となることを期待されますね。
さて、先週お花の会の華展とその祝賀会に出席したところですが、その時にスカイツリーがテーマの出展があったのを、ふと思い出しました。スカイツリー人気はどうなったのかなと。

2012年10月21日 (日)

審判 34.45

34.45

これは、今回の市長選挙の投票率です。
有権者15万人として、約10万人が投票に行かなかったということは、大変なことですね。
私たち政治に携わる者としても看過できないことです。
今後、マスコミ等この評価や分析など総括があるかと思いますが、今日の当選時の挨拶でも述べましたが、今後は100パーセントの市民への責任を再び担うことになったことの重い責任を、今後果されることと思います。
大いに、今後の活動に注目したいと思います。

2012年10月20日 (土)

フィーバー

今日は、市長さんの選挙運動最終日になります。

最後のお願いということですが、実は投票箱の蓋が閉まるまでとは、よく言います。
それだけ、粘り強く最後まであきらめず運動をすることが大事という事でしょう。
いづれにしても、最終の時間帯でのフィーバーが歓楽街の中心で行われ、最後のお願いが終わったところです。
明日は、投票日です。
投票率が気になりますね。

2012年10月19日 (金)

北海道警察

北海道警察の研修施設や、実動訓練の様子、また北海道警察本部を視察しました。
装備品や車両の視察、また要人警護の様子や体験はじめ、貴重な時間でありました。特に、本部の建物に入るのも初めてであったので、その施設状況など、大変参考になりました。

同期に前職が北海道警察だたという事で、特に要人警護の様子などは、貴重なシーンということのようでした。

2012年10月18日 (木)

景色の変化

地元の首長選挙の対応もあり、ちょっと地元の往復です。

機上からの景色が刻々と変化してます。
山の色合いが、緑や黄色と赤が混じりあった、季節の変化を「動」として捉えられる、僅かな瞬間ですね。
静かなる選挙戦が続いているようです。

2012年10月17日 (水)

沖縄の悲劇

また、沖縄で悲劇が起きましたね。
米兵による女性への暴行事件です。
県民の感情が、普天間やオスプレイ配備など様々に揺れ動く中での事件に、大きく傷ついていることと思います。

同じ国民としても、こうした事件はあってはならないと思います。
平和の維持と引きかえにこのようなことがあってはなりません。

2012年10月16日 (火)

維新の会

国会内各政党会派を挨拶に廻ったとのことですが、今朝のワイドショーはこれまでの扱いと異なりやや冷ややかですね。勢いが無くなるとこういうことなんですね。世の中、結構クールですね。熱しやすく冷めやすい速度が速まっている感がありますね。やはり、最後は人物本位なんでしょうか。

地元も、鈴木代表の娘の出馬も気になるところで、地元市長さんの政治スタンスにも影響があるでしょうね。
地元でも維新にチャレンジしている市議がいますが、TPPなどいわゆる政策的に思いが一緒とは考えられず、目先の人気や私欲での行動は見透かされます。やるからには、頑張って這い上がって頂きたいとは思いますが、先にも述べたとおり、最後は人物本位ですからね。
一つ気になるのが、石炭についての動きが今日の朝刊にもありましたが、やはり尖閣の国有化問題がこうしたところにも影響があるのか、中国からの研修生が遅れるとのことであります。ようやく、施策が動きが出したと思ったら、一難去ってまた一難、今度は外交問題からの影響です。
政権はいつまで続くのでしょう。

2012年10月15日 (月)

知事

高橋はるみ知事のセミナーに参加しました。

同期も含め大勢の支持者が集まったところです。
知事ご本人のお好みなのかもしれませんが、今回も園芸家の方の基調講演で始まりました。そう言えば、司会者も同じですね。
知事におかれては、これまでの取り組みや今後の方向性をお話になり、北海道の将来展望も開けるか、との期待もあったところですが、そこは少々別の角度のお話でした。
今夜は、インフルエンザを接種したところなので、安静にし明日に備えようと思います。ちょっと、腕が腫れています。

2012年10月14日 (日)

市議補欠選挙・・・初当選

本日、釧路市長選挙並びに市議会議員補欠選挙の告示を迎え、市長さんの選挙は3名に立候補があり、選挙戦となりました。一方、同時に執行された市議会議員選挙については、一人の立候補としかならず、無投票当選となりました。大澤恵介君といいました、私は消防分団活動が一緒で、割りと身近な存在でもありました。
大澤氏には、今後の議会活動に大いに期待したいところです。

そこから、3~4件隣の市長さんの事務所へお邪魔し、今朝の出陣式に替えてその場でのご挨拶となりました。
その後は、送別会がありANAホテルへ向かったところです。

2012年10月13日 (土)

拉致・・・10年

今日のニュースで、蓮池さんご夫妻のインタビューが報じられていましたが、帰国からもう10年なんですな。しかし、その間に何かの進捗があったかというと、特別に何もないのが現実で、この拉致問題の溝の深さがあらためて感じたところです。

領土問題など、国益という視点で物事をみると、この拉致問題は国民がさらわれたのですから、国土を奪われる以上に事は深刻と考えます。北朝鮮の体制も変わったところで、進展させるよう、もっと国民運動にもつながるようしなければなりませんね。
それと、宿泊のホテルがなぜか警備が厳重で、騒がしいかと思いきや、IMFの総会が48年ぶりに東京で開かれていたのを、すっかり失念していました。なんと、IMF加盟各国から経済閣僚など2万人も来日しており、大変なものです。ここにも、尖閣国有化問題が影を落とし、思い通りの成果を出せなかったようですね。

2012年10月12日 (金)

初勝利

街中が騒がしいな、と感じていたら、サッカー日本代表が、親善試合でフランスに勝った、ということでありました。

実は、本日も移動中に有名人に遭遇です。遭遇というか、前の席に座っていたのが、トルシエ元日本代表監督らしく、周りも騒がしくなるくらいで、さすがの私にも何者かがわかった次第です。まあ、そこはクールにやり過ごしたたところですが(笑)
そうそう、昨夜のフライトで隣の席が、片山元鳥取県知事、元総務大臣でした。地元で全国法人会が開かれ、その基調講演に来られていたようで、ずっと新聞を読んでいたようです。あとは、寝ているか。私も負けじと、小説を読んでました(笑)

2012年10月11日 (木)

新技術

朝一番で、地元の釧路コールマインへ伺いました。
今後の戦略というか、考え方のヒアリングです。
平成25年度予算や地元関係者協議(4者協議)でのテーマの可能性などを探るのもありますが、道もそうですが、なんといっても厳しい予算での対応をどうするかという考えかたを意見交換したところです。

その後、日本製紙の地元工場で8月のクラフト紙製造ライン増設に続き、DKP(溶解パルプ)の製造ラインが竣工するにあたり、その式典並びに祝賀会に出席し、ご挨拶の機会もあったところです。なんと、この新設備は世界でも初のもので、地元間伐材の活用に大いに貢献頂けるもので、北海道としても地域材の活用を推進しているだけに、大変有りがたいことでります。事実、木材の最近の景気動向もあり、また安価な輸入材に押され、国産材はやや滞留気味でもあったところで、是非今後の増産も望まれるところです。

なにせ、中国や東南アジアでの洋服の質の向上がこのレーヨンの輸出に結びついたもので、中国などとの経済的な交流はこうしたところでも出てくるなとの感もあります。
さて、その祝賀日程の後、知事が地元入りするに合わせて、茶話会が開催され、私も出席をさせて頂きました。知事からは、日本製紙の件のお話も頂き、大変有りがたいところでありました。
その後、石炭セミナーに出席し、鉱物資源としての石炭の位置づけなど講演があったところです。
そのセミナーも中途で退席し、そそくさと上京した次第です。
羽田で、田原総一郎氏を発見!
私の前をバスに乗るのか、過ぎ去ったところです。

2012年10月10日 (水)

市長選挙

いよいよ地元市長選挙が今週末に告示となります。

その関連の取組として私の後援会での会合が今夜開かれ、決算委員会の最中ではありますが、日帰りのような形で地元へ一度戻ったところです。
多くの関連団体の方々を含め、参加を頂き、地元伊東代議士の再選臨戦態勢と現職市長蝦名氏の推薦が決まったところです。
やはり、共産党へ市政運営を任せるわけにはいかないでしょうね。

2012年10月 9日 (火)

台湾創建101周年祝賀会

日台間に色々な課題や問題がありますが、今夜はそれを忘れる機会となりました。

Photo 創建101周年の祝賀会には、北海道の政治・経済など各分野の方が、各方面から参加され、盛大な祝賀会でした。
札幌分処長の徐さんの主催者挨拶の様子です。
Photo_2北海道内には、現在7箇所の日台友好協会があり、その代表者の紹介です。私の地元にも私の後援会の役員さんが代表で、出席されておられました。
この祝賀会には、地元からも多くの方が参加されており、地元にいるような感じで、同僚・先輩道議も地元も含め多くの方の出席で、楽しいものでありました。
明日から、決算委員会が始まります。

2012年10月 8日 (月)

ノーベル賞

山中教授のiPS細胞が評価され、ノーベル賞の受賞が決まりましたね。
夕方のニュースで報じられて以降、今夜からしばらくはこの話題になるな、と思いつつ、しかし内容を詳しく知ると大変な研究をされていたのだなと、かつここまでの道程は厳しかったようですね。

2012年10月 7日 (日)

結婚式

地元からちょっと離れた北見市において、従妹の結婚式に出席しました。

何か、親戚ではありますが、来賓の一人でもあり、乾杯のあいさつを頼まれてしまい、ちょっときつかったかな。
当日は、快晴で爽やかな一日でした。
久しぶりの他の従妹や親戚にも沢山会うことが出来、ひと時のんびりと思いきや、斜網地区は畑作地帯でもあり、先日の質予算特別委員会での質問したジャガイモシストセンチュウについてや、役所勤務の者も多いので生物多様性など最近の道における条例案の話題になり、色々ご意見を伺ったところです。
今夜は、北見に宿泊です。

2012年10月 6日 (土)

衣替え

朝晩がすっかり冷え込んできました。

早朝便で地元に戻り、市内を廻ったあと、事務所に入ったら、活イカが運ばれてきました。
この風景は昨年から見る機会があるのですが、とても不思議な光景です。
生きているイカを水族館以外で見るのはこの瞬間だけです。
夕方は、後援者の仮通夜、所内会議や衆院選時の遊説関係者の一部が集まるとの案内があり、ちょっとのつもりが結構な時間の顔出しになってしまいました。

2012年10月 5日 (金)

別れ

3定議会が終了です。
今回は、終盤に冬の電力需要と節電についての本格的な議論がなされはじめ、かつ衆院選に向けての公約のまとめなど政策審議の場面も一段と気ぜわしくなったところです。

そんな中、熱心な後援者の方が相次いで亡くなったところです。
ちょっと、驚きを隠せないのですが、いつかは別れがあるとは解っていても寂しいものです。
明日は、地元へ帰りますが、弔問やらが待っていますね。

2012年10月 4日 (木)

終日委員会

3定議会もいよいよ終盤です。

昨日の産炭エネルギーの特別委員会もそうですが、所属の環境生活委員会も開催されました。
まあ、議論の中身は産炭エネは昨日記述のものですが、環境生活は生物多様性条例の制定に向けての中身の議論になったところです。
そもそも多様な生物の共存を考えるとき、その地域の固有種をどのように守るかということも問題となります。つまり外来種対策ですが、この点に違法に採取した場合の罰則に併せ、放出などへの罰則の考え方など議論したところです。
夜は、道庁内の大学同窓会やその他の所属のグループの打ち上げに参加し、帰宅もいつもよりもやや遅くなったところでした。

2012年10月 3日 (水)

石炭産業と釧路地域の振興・・・

・・・・・に関する懇談会の最終取りまとめが終わっていたことがわかりました。
(案)が示されることもなく、議会に報告もなく、石炭鉱業の所管官庁へは送付されていたということわかり、全くあきれる次第です。また、地元市の石炭の所管委員会でも委員全員に8月24日に配布までされていたというから、あきれるばかりです。
明日の委員会では、この点よく聴取してみたいと思います。

今夜は、林政の勉強会もあり、キノコは特用作物で、林業のくくりになります。
農作物と思っていたので、ちょっと驚きました(笑)

2012年10月 2日 (火)

予算特別委員会

分科会が終了し、私も委員外ではありましたが、今日も終日委員会に出席し
質問する機会もありました。
今回は、特に特別支援教育について質したところですが、今後とも課題が残るところもあり、引き続きテーマとしていきたいと思います。
明日は、知事の総括質疑があり、今週で3定議会も終了します。
来週からは、いよいよ決算特別委員会が始まります。

地元市長選挙では、現職以外に女性の候補者が立候補を予定したようですね。
いよいよ秋の陣も始まりますね。

2012年10月 1日 (月)

大型台風

大型で勢力の強い台風17号が通過しました。
私の地元も直撃に近い形で通過したようで、このようなことは珍しいことです。
被害状況は今現在把握してませんが、水害などあったとの報道もあり、心配です。

今年は、魚もサンマよりサバやマンボウなどが獲れすぎるくらいで、海水温が4度ほど例年より高いようです。
気候変動がこうしたところにも影響があります。

これから秋が一挙に進みますね。
もう、10月です!

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »