« 知事 | トップページ | 沖縄の悲劇 »

2012年10月16日 (火)

維新の会

国会内各政党会派を挨拶に廻ったとのことですが、今朝のワイドショーはこれまでの扱いと異なりやや冷ややかですね。勢いが無くなるとこういうことなんですね。世の中、結構クールですね。熱しやすく冷めやすい速度が速まっている感がありますね。やはり、最後は人物本位なんでしょうか。

地元も、鈴木代表の娘の出馬も気になるところで、地元市長さんの政治スタンスにも影響があるでしょうね。
地元でも維新にチャレンジしている市議がいますが、TPPなどいわゆる政策的に思いが一緒とは考えられず、目先の人気や私欲での行動は見透かされます。やるからには、頑張って這い上がって頂きたいとは思いますが、先にも述べたとおり、最後は人物本位ですからね。
一つ気になるのが、石炭についての動きが今日の朝刊にもありましたが、やはり尖閣の国有化問題がこうしたところにも影響があるのか、中国からの研修生が遅れるとのことであります。ようやく、施策が動きが出したと思ったら、一難去ってまた一難、今度は外交問題からの影響です。
政権はいつまで続くのでしょう。

« 知事 | トップページ | 沖縄の悲劇 »

「ニュース」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事