« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月31日 (月)

お世話になりまた。

本年は、大変お世話になりました。

政治に空白があってはならないと、つくづく感じた三年あまりでしたが、この年末に大きく園流れが変わる可能性が出来たことは、次へ進むめる可能性でもあります。
真に信頼を取り戻せる政治が、国政はじめそれそれの立場で行われ、腕力や恫喝ではなく、政策を通じその実現力が発揮されるよう期待し、自らも精進して参る所存です。
来年も、旧に倍しての皆様のご指導をお願い申し上げます。
良いお年をご家族共にお迎え下さい。

2012年12月29日 (土)

最終忘年会

今日で、忘年会もラストです。

今夜4箇所での忘年会でしたが、胃が多少疲れ気味で、食欲がかなり減退してます。
昨夜の忘年会で、ちょっとやりすぎたかな(笑)
年々消化力が落ちていますね。

2012年12月28日 (金)

仕事納め

当事務所としては、本日で仕事納めとなります。

来年の1月5日に仕事始めの神事を行いますが、本格的業務の開始は1月7日からとなります。
私は、1月2日からの新年会からスタートなります。

2012年12月27日 (木)

ノロウィルス

猛威がとまりませんね。

高齢者以外にも感染が広がっているようで、うがいや手洗いなどこまめに必要ですね。
先日TVで感染後は自宅で耐えるが一番のような報道があったようですが、異論が出てますね。当然でしょうね。感染源お特定の必要もあり、病院へ行くことを勧めます。
予防に努めましょう!!

2012年12月26日 (水)

特別国会

衆院選後の特別国会が召集されましたね。

阿部総裁が96代目総理に選出されました。
今後の内閣の人事にも注目です。
やはり札幌は朝から大荒れの天気です。
しかし、フライトが心配でしたが、思ったほどの影響も無く、空港への移動にも手間取ったところもありましたがね。

2012年12月25日 (火)

閉会

無事に平成24年度の第4回定例会も閉会です。

衆院選をはさんでの議会ということもあり、悲喜こもごもの閉会の場でした。
後は、机上の整理ですね。
さて、明日の天候は大荒れの予報です。
もう雪はいらないな!

2012年12月24日 (月)

クリスマスイブ

明日の議会に合わせて移動日です。

札幌では、日頃お世話になっている議事課の方々との会食の機会にと、同僚議員と共にひと時です。しかし、今日はクリスマスイブですがね(笑)

2012年12月23日 (日)

夜桜お七

知人のお孫さんが出演される日本舞踊のおさらい会を観賞しました。

タイトルの歌に併せて舞う姿は小学生とも思えないほどのもので、会場からも大きな歓声が上がっていました。
見ごたえのあるステージでした!

2012年12月22日 (土)

青年局大会

年末も差し迫ったところではりますが、党市支部青年局の定期大会を開催しました。

日程の調整付かずの止む無くのところでありますが、けじめですので。
ご来賓に、16日に再選を果たされた伊東代議士はじめ、党役員にご列席を頂きました。
来年は、いよいよ参院選挙でもありますし、実は改選期で私も青年局を引退しなければなりません。色々課題の多い年になりそうです。

2012年12月21日 (金)

動物救護

私の所属の常任委員会は、環境生活なのですが、今日の質問で、災害時の動物救護について質したところです。今や家族同然のペットですが、この災害時の救護の考え方は、動物愛護法の制定はじめ、また北海道では平成12年の有珠山噴火時の北海道獣医師会による動物救護の実例や東日本大震災も経て、にわかに必要性が高まったと考えます。特に、この度は、北海道獣医師会等と北海道、札幌市など政令市・中核市とま協定を結ぶもの。その他も北海道の防災基本計画においてもその方針が示されており、どこで災害が生じてもこの動物救護の取組は、全道的に見込みです。

2012年12月20日 (木)

国の顔

韓国で女性大統領が誕生しましたね。

今後の女性宰相の動きに注目です。
そして、もう一つ大統領ネタですが、Time誌の今年の顔に米オバマ大統領が選ばれました。これで2回目とのことですが、二回選らばれた方はこれまで二人しかいないようで、結構大変なことだそうです。
さて、日本の顔も変わりました。実現r力のある自民党への期待もあったこととは思いますが、多くは民主党の自滅の結果ともいえるところで、今後とも真摯な取組が必要ですね。
風邪やノロウィルスが流行しているようです。
雪も多く寒い日が続きますが、抵抗力を維持し、病気に負けないように気を配りましょう。

2012年12月19日 (水)

トンネル補修

先日のトンネル天井落下事故後、北海道のトンネルの状況について、以前の豊浜トンネルの事故もあった記憶もあることから、北海道の建設部に照会していたところ、補修も進みかつ今回の事故と同型はない、との回答でちょっと安心をしていたところ、昨日の質問で補修カルテなるものが建設部にあり、そのカルテにある補修計画が遂行されていないことが、共産党の指摘で発覚したものです。私も、ちょっと不覚というか、選挙もあり調査や質問も深く議論が及ばなかったことを少々後悔していますが、やはりこうした命に係わることでもあり、認識をしっかりもって、せっかくの資料の活用をすべきと考えます。以前より、JRも含め様々なハードにおいて、橋梁は長寿命化が進められていますが、検証すべき時期にあると考えます。

今後の対応を注視していきたいと思います。
また、思いがけず経済部からタイとベトナムの調査動向を求められ、検討することとなりました。物流や北海道館の状況を把握するためです。となると、KCMの国際貢献の状況も念頭におきながら調整もしたいと考えております。

2012年12月18日 (火)

師走

12月になってしまいました。

振り返ると、先月の16日の解散以降、久しぶりの更新になります。
まず、選挙では多くの皆様のご支援で地元の伊東良孝代議士の二選を果たすことができました。このご期待とご支援に応えられるよう、私も道政において活動をして参りたいと考えております。
さて、選挙も終わり定例会の再開です。18日から予算特別委員会が開かれます。質問にも立ち、選挙のお祝いムードも吹き飛ばし、今回も発達障がいに関わるテーマを質したところです。
また、常任委員会の質問の用意など、来年の1定に向けての準備にも入るところで、年末までバタバタしそうです。
そんな中、先日さけ・ますふ化養殖場の視察を行いました。今後のさけ・ますの増殖事業の状況や方向性について検討するために、現地を視察したところです。
Photo
こちらが、地元の隣町 鶴居村にあるさけ・ます養殖場です。
現在は、魚卵を温度毎に管理し、12月の下旬のふ化敵期に向けて準備をされているところ、とのことです。
Photo_2
こちらは、そのふ化した稚魚が一定程度泳げるようになるまでの間過ごす寝床とのこと。今回は、残念ながらまだふ化稚魚はいませんでしたが、・・・。玉砂利など、手作業で整備しているそうです。
今回の施設は、既に経年での老朽化の問題もあり、さけ・ます養殖事業と漁獲格差問題や今後の北海道における漁獲推進方針などと絡め、議論していきたいと考えております。

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »