« 2013年4月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年5月

2013年5月30日 (木)

道財政状況

北海道の財政状況のヒアリングがありました。

厳しいですね。
税収等の歳入に比べ、義務的経費などの上昇率に加え、減債基金への繰り入れなどが現状先送りされており、収支改善計画がいまのところ平成26年度まで続けられておりますが、その先にも大きな不安が残りますね。
特に、現政権での経済政策の副作用とも言っていいかと思いましが、いわゆるインフレや為替による資材等の高騰に加え、電気料金の値上げは道内企業には大打撃のようで、ここでTPPなどの議論も加わり、夏の参院選挙にも影響あるものと考えるところです。
国による地方公務員給与削減で、いくらかの財政状況の改善は見込まれるものの、人件費のカットは人材の登用への影響も必至であり、今後の行政機能のガバナンスにも影響がでることは、決して好ましいことでもありません。

2013年5月29日 (水)

霧の為

今日は早起きをし、空港へ向かい、そうして予定のフライトに臨んだのですが、地元空港上空まで行って、なんと引き返すという事態に。霧の為ですね。以前よりは減ったのですが、このところ多くなってきてる感もあります。私自身は、それほど気象条件にフライトが影響したことはないのですが、珍しく地元に帰れないこととなった次第です。

Photo その帰り、札幌市内へ向かう電車の中から、ANAの787が4機横並びになっている隣に政府専用機まで駐機しているという、これも珍しいシュチュエーションですね。787は、間もなく運行再開ですが、事故なきよう祈ります。
ちょっと、わかりにくいですね(笑)

2013年5月28日 (火)

漁業経営危機突破集会

Photo 燃油の高騰などにより、漁業経営が危機に面しており、その経営基盤強化はじめ共済制度の負担割合の軽減等についての集会があり、出席したところ。

今や、漁に出ると赤字になるという状況であり、漁業資源の減少や老朽船対策などの課題も含め、対策を国に働き掛けなければならないと考えるところです。
夕方は、地元からの来客が続いたところです。
随分と陽が長くなりましたね。
春本番。

2013年5月27日 (月)

金山

Photo 地元の近隣の町で金山があるということで、地元町長さんはじめ関係者で視察させて頂きました。今後の観光の切り札に!というこも含め、いざ山中へ!

今日は結構気温も上がり、山の中は風も無いので、かなりな暑さでした。
結構な斜面を歩き続け、山頂付近にその石があり、画像ではわかりにくのですが、水晶を形成しているような石やキラキラとにかく光っている石など様々で、簡易測定でもレアアースの含有が認められているとかで、詳細な分析が必要かと感じた次第でした。
帰りの途上で、せせらぎで休憩となりましたが、そこになんとサンショウウオの卵を発見するなど、ちょっと感動したところでもありました。
春を越えて、夏が来たと錯覚するほどの暑さでした!

2013年5月26日 (日)

岸壁炉端

今年初の岸壁炉端へ行ってきました。

毎日BBQ参戦ですね(笑)
久しぶりに伺ったのですが、外国人の観光の方も結構フリーで利用されており、日曜の夕方の割にはこの時期中々の盛況ぶりでした。
実は、その近くの芸術館で映画音楽コンサートイベントが行われたいたのですが、流石に焼肉ムンムンでは鑑賞するにも迷惑と思い、チャリティということもありお金だけは支払って出席は遠慮した次第でした。

2013年5月25日 (土)

花より団子

いよいよ地元も花見の季節到来!
ただし、何分咲きでしょうかね。
寒さでつぼみも固そうな枝もありますが、それでもあちこちで桜やこぶしの花が観られます。
チューリップはちょっとまだみごろではないですね。

そうした中、神社のお花見に声を掛けて頂きました。
花はまだ咲いていなかったので、花より団子ですね。
焼肉や抽選会で盛り上がったところです。

夕方には、大学の同窓会で上京したのですが、フライトが遅れたこともあり、結局二次会のみの参加となってしまったところです。

2013年5月24日 (金)

送別会と業界総会

23日 三浦雄一郎さんの80歳世界最高齢登頂成功のニュースが、事務所のスタッフ送別昼食会の最中飛び込んできました。後援会の関係者も参集していたのですが、年齢と健康の話し終始したところでした(笑)

時をあらため、24日には業界関係の総会が数件あり、出席したところ、やはり健康と年齢の話題となり、経済や外交、防衛といったテーマより、より身近な話題に終始する傾向は、国内的世相が高齢化の問題が深刻化しており、その高齢社会における豊かな生活を送るための対策の見通しがないことへの不安からこうした話題があちこちで沸き起こるのかな、などと勝手な思いをもったところでありました。

2013年5月23日 (木)

黒船か?

大手商業システムの幹部が地元入りし、懇談をしたところです。

今後、地域の商業システムが大いに変わる転換期はそう遠くないと感じたところです。
先日、この件で道義会で勉強会を開催したところですが、参加者の道議の一人が、それは黒船ではないか、との発言もあったのですが、硬直化した地域経済を少しでも流動化させる契機になるこの仕組みであり、今や地域内の域内循環だけでは維持⇒縮小へのベクトルで、成長路線は難しいことに気づかないのが残念と考えます。仕組みの活用による域外貨獲得チャンスと捉え、仕組みの活用を考えることに、是非気づいて頂きたいと思います。マチを挙げて今後具体的な発表が出来ると思います。
そのお店で、上場芳香剤製造会社の幹部方々と遭遇し、地域のものの活用による新商品の開発のお話を伺い、大いにこのマチのポテンシャルがあることにあらためて気付かされたところでもあります。

2013年5月22日 (水)

福祉の目

特別支援学校にかかる要望がなされたことを受け、その構成団体の関係者から急遽ご連絡があり、懇談会が持たれました。暑い東京から帰ったばかりで、地元での懇談は結構ハードではあったのですが、熱心なお問合せであったこともあり、応諾したところです。

懇談では、道教委の実情を知りたいとのことで、現状の動きや方向性などお話をし、加えて養護学校ではその後援会や父母会において昨年の早い時期から既に狭隘化などの要望を提出していることなどを挙げ、地域の要望がややもすると事なすベクトルとなっていることの危うさについて若干警笛をならしつつ、構成団体の皆さんの考え方や方向性などが異なっている点を、どのようにフォーカスするかの難しさを指摘させて頂きました。
福祉の視点は、多重なものとなっており、受け止める側と発信側との差も考えると、相当慎重さも求められると、考えます。
その点で、生活困窮者自立支援法についても、研究の必要を感じます。

2013年5月21日 (火)

福島第一原発

東京電力福島第一原発を視察しました。

いわき市にあるJビレッジを起点に熊野町までの間の街並みも、除染が進んでいる地区とそうではない地区との様々な状況の違いに、新ためてこの度の事故の悲惨な爪痕を感じつつ、原発に到着し、その事後の処理にあたっておられる職員はじめスタッフの方々の苦労を目の当たりにしたところです。現在、当施設の事後処理には、常時3,000名の方々が勤務されており、この先にある正常な状態にはいつ戻るともわからない中での作業に、しかし丁寧な作業工程を視察し、今後の原発の安全対策の重要性を一層認識を深めてところでもあります。
ただ、意外と除染が施設内は原発建屋本体付近以外は比較的放射能レベルも低く、途中通過した除染の進んでいないマチよりも安全なエリアとも言えます。視察も、防護服等の装着が必要かと考えていたのですが、車窓からの視察が多いこともあり、やや気温も高めであり意外と簡易な装備で良かったことは、北海道人としても助かりました。
こうした原発の再稼働の問題も含め、電力料金値上げ等絡め、今後のエネルギー議論がどのように進むのか、注視が必要と考えます。

2013年5月20日 (月)

福島県入り

明日の東京電力福島第一原発視察にため、 福島県いわき市入りしました。
北海道もそうですが、こちらも天候不良で更に蒸し暑いです。
さて、原発の新たな安全対策の原点ともなるべき事故の状況を視察するわけですが、同時に事故の恐ろしさや環境影響についてもヒアリングできればと思います。

そう言えば、上京便で参議院議員の横山先生がお隣の席であったので、先の委員会質問でのゼニガタアザラシの試験捕殺の中止についてお尋ねしたところ、明日もう一度質問するとのことでした。環境省の急な方針転換nよる試験捕殺の中止は、業界を中心に波紋を呼んでいます。

2013年5月19日 (日)

屋外日程

早朝より屋外で活動です。

地元もいよいよ本格的なスポーツの季節です。
ソフトボールの開会式で始球式も行いました。
その後、告別式に列席し、引き続いての消防春季消防演習に参加。
午後は、高校野球の閉会式に臨み、地区予選も終了し27日からは北北海道大会が始まるそうです。ちなみに、今年の地元代表は釧路湖陵高校です。私の母校は残念ながら早々の敗退です。
更に新聞社を廻って、地元伊東代議士と市議団との懇談会に出席し、終了です。
それにしても連日の橋本大阪市長の発言やリアクションにはちょっとヘキヘキです。そもそもこの度の発言も軽率極まりないところで、海外メディアにもあきれているとしか言いようが無いことと感じています。こうした倫理観含め私とはちょっと異なる人種なんだと、以前にも感じていましたが、あらためて感じるところです。地元でも、橋本氏にあこがれているものもおりましたが、今となっては入党してなくて良かったのではないかと思います。

2013年5月17日 (金)

着任行事と青年局

地元自衛隊司令が人事異動で変わりました。

着任の歓迎昼食会が開催されました。
今年秋以降来年の年明け早々位までの間に、災害対処訓練はじめ防衛省自衛隊の皆さんとの協力による災害訓練がよていされたおり、新司令もしっかり対応したいとのことでありました。現在、防衛大綱が見直されており、この6月には東京でその見直しの方向性についての対応など北の守りの維持強化の要請集会が開催されます。私も参加する予定ですが、北の守りの重要性を訴えてきます。
夕方には、出札し最後の青年局大会に臨み、無事卒業となりました。

2013年5月16日 (木)

地酒

地元酒造会社に訪問しました。

公的な取組への参画のお願いなのですが、ご本人は大変多用な方のようです。
さて、その地酒ですが、最近の街中での口コミでは味わいに深みが出たなど、好評価のお話を伺う機会が多く、日頃日本酒を嗜む機会が少ない私も最近は地酒など日本酒を頂く機会も増えたところです。
地元のものが評価が高まるお話を聞くに、うれしいものですね。
街中のお話では、杜氏と呼ばれる方が変わったことも要因とのこと。
皆様も一度お楽しみ下さい。

2013年5月15日 (水)

北方領土問題と学校教育

北方領土問題が何らかの解決への道筋が見えてきそうな昨今の日露関係ですが、一方国内、とりわけ北海道における学校での取り上げた方がどのようになっているか、この度少し研究し調査したとこでありました。一様に教科書でも取り上げかつ授業の時間も、学年等により差異はあるものの、北方領土問題の基本的な課題については触れられていることが、あらためて分かったところであります。教育の在り方も色々問われているところであり、特に第二次大戦の扱いや天皇制の解説など、教科書により問題とも思われる記述も多いことから、この度の調査に至ったところです。

授業の正常化が急がれるところです。

2013年5月14日 (火)

橋本市長発言

13日の慰安婦かかる発言や沖縄米軍キャンプ視察時の発言の波紋が国内外に広がってますね。こうした発言は、本気で日頃からそう思っているからで、後の弁解はどうあろうとも言い訳は立たない気がしますね。

2013年5月13日 (月)

安全マップ

通学路の安全性確保の問題が昨年クローズアップされ、地域の学校の安全マップの検証を行ったところ、非常に分かりにくなど課題があることがわかり、その事を踏まえた上での新たな視点での安全マップの作製を、市内の私の母校の小学校で試験的に作成し、大変好評を得たことであります。本日の、その納品があり学校関係者はじめ教育委員会の皆様にも財源があれば、すぐにでも着手したいとの声もでたところです。

経費的な問題は別にしても、そもそも学校区毎に様々な危険箇所が存在し、それは大人の視点では気がつかない場合が多いことも踏まえ、児童の目線でのマップの作り様と、その児童の認識力に応じた内容であることなど、きめ細やかな内容となっている点が、これまでと異なるところでもあると考えます。
この度のモデルケースの課題等整理し、更に防災の視点なども絡め、精度の高いマップの作製に引き続き力を尽くしたいと考えます。

2013年5月12日 (日)

女性研修

恒例の女性の皆さんとの研修会が温泉で開かれ、今年も私も一泊だけお付き合いをさせて頂きました。私からは、電力値上げとエネルギー問題について触れ、参加者に皆様も頷かれる方が大変多い研修でありました。原発再稼働議論は別として、今のエネルギー供給体制やCO2のい排出の問題など、また再生可能エネルギーの不安定性等の課題はじめ、私にしては少しでも分かり易く説明したつもりでありました。

夜の懇親会は、歌に踊りに、そして二次会と温泉で、参加者の皆さんは大変ゆっくりされたようです(笑)

2013年5月11日 (土)

道連大会

Dsc_0402 党道連の定期大会が党本部や閣僚をお招きし、政権に復帰してはじめてでありますが、盛大に開催しました。特に、今夏の参院選もあることから、選挙モードとも言っていいかと思いますが、昨年までとは異なった活気もあり、昨年末の総選挙の勢いも含め、盛り上がりがあってよ良かったと感じた半面、やはりTPPはじめ政策的な課題も抱えているだけに、農業団体等の参加が無かったように感じ、複雑な心境でもありました。

午後からは、同期の一部と研修に出掛け、有意義な一日を過ごせたことに感謝です。

2013年5月10日 (金)

初花見

Dsc_0400 今年初のお花見に参加です。
とは言っても、地元ではないのですが、日帰りで青森の大湊まで行ってまいりました。
恒例の総監公邸でのお花見会に招待され、参加したものです。画像が、三木総監(三木元総理のお孫さん)の挨拶の様子です。

地元が5月の下旬頃桜の見ごろに比べ早い花見ですが、会場では枝には花が無く、既に散ったものと思いきや、なんと鳥についばまれたとのこと。何か気候の異変も感じるところですが、お花見会自体は素晴らしいものでした。特に、外での開催は2年ぶりとのことで、余計に楽しい時間でした。地元からも市長さんはじめ議長等参加があり、有意義な時間でした。
明日は、党道連大会です。今夏mの参院選はじめ人事案件もありますが、スムーズに終わることを期待します!

地元の花見も楽しみにしたいです!

2013年5月 9日 (木)

政審研修会他

6月の2定に向けての重点ヒアリングがありました。ヒアリングの内容については、今後の議会議論で取り上げていくこととなりますが、終了後の夕方から北大の宮脇先生講師による道州制議論の状況について講義を頂きました。
前政権下での地域主権からのシフトチェンジしたところです。地方分権の最終形とも言うべき地方自治のあり方ですが、分権自体なかなか進まないところで、目指すべき方向性が新たに位置付けられてたと言えます。今後の議会議論でも積極的に取り上げたいと思います。

2013年5月 8日 (水)

電力値上げ申請

特別委員会が開かれました。
所属は産炭地振興エネルギー問題調査会ですが、今日は電力料金値上げ申請について質問しました。
今回の申請における役員報酬や給与また関係団体加入はじめ資材調達コストなどにおいて電力会社の努力が他社に比べ足りないのではないか、という点において道の見解を質したところです。これについては、道としても依然電力会社の説明が必要だとの認識を示し、現状での申請に疑問を呈したとも言える答弁でした。また、17日には知事が国の審査会で意見陳述を行うことを受けて、特に値上げにあっては道民生活や経済活動に大変な影響のあることで、厳正な審査が国においてなされることを意見することを確認したところです。
いづれにしても、国の審査会ではこれまでの先行2社の状況を踏まえると、現状のまま値上げに至るとは言えないと考えます。

青年卒業準備

青年局の役員会がありました。
いよいよ卒業です(笑)
まあ、既にその年齢は経過していたのですが、規約上残っていた次第でした。
これで、地元の青年局もいよいよ人事着手です。
多難な状況でもありますが、再構築へ始動です!

2013年5月 7日 (火)

サイクルツーリズム

常任委員会が開かれました。
私の所属は環境生活委員会で、鳥インフルエンザ対策などの質問があったところです。
私は、ここ数年注目が集まるサイクルツーリズムとその安全対策について質問しました。
特に、環境負荷低減はじめ健康意識の高まりに加え、北海道でもゴルフやマラソンに次ぐ観光施策の一つと位置付けており、道サイクルツーリズム推進連絡会も設置されております。
しかし、一方で自転車走行のマナーなど違反も横行しており、事故事例の報告もあるところです。
国における自転車走行の規制強化の動きを見ながら、道としても対策を講じるとのこと。特に、札幌市では自転車走行の実証実験を実施しており、自転車走行のみならずドライバーの意識の醸成など今後課題の整理もされるとのことであります。
事故が起こらないよう、積極的な対策を要請しました。

2013年5月 6日 (月)

日露首脳会談

日露首脳会談が先日行われ、北方領土問題が進展しそうな報道が流れましたが、さてロシアの真意はどこにあるのか。経済協力のための誘い水のようなこともありましたが、今こそこの領土問題解決への第一歩を踏み出す時かもしれません。さて、そうした外交での動きとは別に国内的にこの領土問題への関心度はどうかというと、南の尖閣問題に比べ少々形骸化してはいなか懸念されるところです。学校現場においても、どれほどの先生が4島全部の島の名前を解っているか疑問に思うところです。教員採用試験などにこうした領土など国家戦略や命題のような内容のものは、もっと組み込むべきかもしれませんね。

連休も終わり、お休みはわずかだったかもしれませんが、明日からのお仕事にまたそれぞれの皆さんにはしっかり汗をかいて頂ければ幸いです。

2013年5月 5日 (日)

こどもの日

端午の節句といいますね。

それにしても、今年のGWは寒い。
今日は、外の日程もあり、とりわけ寒さを感じたところです。
Photo まずは、釧路しゃけの会のサケの稚魚放流式に出席です。
釧路川の河口付近での開会式なので、特に風当たりがよく、太陽は見えるのですが流石に寒さも厳しいものでした。しかし、今年も若草幼稚園の園児の太鼓などが披露され、元気な稚魚が放流されました。ちょっとわかり難いかもしれませんが、釧路川に放流される一瞬の画像です。来年は、いよいよ30周年を迎えるとのことで、主催者ではイベントも大きなものを考えているようです。この放流式を境目に春を少ひずつ感じるようになるかと思います。
Photo_2 そして、春を感じるもう一つの出来事は、事務所の前の歩道の花壇にありました。僅かにですが、花が咲いており、寒風に耐えながらに様子に、元気をもらった気がしました。
連休も明日で最後です。有意義な一日をお過ごし下さい。私は、明後日からの委員会に備え、明日の夜は移動日になります。
風邪には、ご注意を!!

2013年5月 4日 (土)

みどりの日

今日は、昭和天皇の誕生日でしたね。

最近皇室に注目が集まっています。
オランダ王室の王位継承式や皇太子殿下ご夫妻の列席の様子など、注目度が高いですね。一方、主権回復の日の天皇陛下万歳の掛け声と共に総理らが一緒に万歳をしたとの報道もありました。昨日の憲法記念日もそうですが、皇室議論も今後再燃かもしれませんね。

2013年5月 3日 (金)

憲法記念日

以前は、憲法議論というと第9条の戦争の放棄や戦力の問題が中心でしたが、いよいよ改正議論としての96条に議論が移っているところが、この政権の状況とも言えると考えます。今後の幅広い国民議論が必要でしょうね。

2013年5月 2日 (木)

党支部青年局再生

党市支部の青年局の再生に動き始めました。

これまで私が青年局長を務めていましたが、いよいよ年齢制限もあることから、次世代へのバトンタッチです。もう少し早くしたかったところですが、この段に動き始めました。
今夜は、関係諸団体に参集いただき、構想の骨格が決まったところですが、さて今後の人事の展開として地元若手に大いに期待するところです。

2013年5月 1日 (水)

皐月

GWも中休みの5月1日です。

来週の委員会質問準備で議会に出てきたところです。
一つは、環境生活部所管で、自転車走行についての規制強化と観光施策における安全対策です、地元においてもサイクルツーリズムなるものを市町村横断で推進するようで、全道というか国においても推進しているところです。街中渋滞緩和はじめCO2削減にもつながりますが、しかし一方で自転車による事故の多発など問題もあり、こうした点に触れながら自転車の安全走行確保への取り組みについて質します。
また、特別委員会では電気料金値上げにつき総括原価方式における電力会社の合理化策や削減努力などの実情に迫るつもりです。
今現在まだ答弁が固まっておりませんが、何れも道民生活に関わる問題として積極的な議論をしたいと考えます。

« 2013年4月 | トップページ | 2013年7月 »