« バス不足 | トップページ | 複合観光施設 »

2013年7月15日 (月)

公共交通機関

公共交通機関には様々ありますが、最近トラブルが多いのがJRでしょうか。JR北海道は、今日またトラブルがあり、旅客輸送はじめ影響があるところです。石勝線トンネル火災トラブル以来実に様々な人的かつハード等の問題が発生し、私も度々議会議論に取り上げており、一時は問題が解消されたかと思っていたのですが、今日もそうですが立て続けに車輌トラブルが発生しているところです。議会でもいよいよ経営的な側面に踏み込むことになりますが、やはり老朽車輌の更新が線路や路盤も含め、求められているということと考えます。このままでは、人的な士気にも影響するかもしれません。人命が最優先という安全対策の在り方は、社員教育だけでは叶いません。やはり、それに見合ったハードの整備も必要ですね。そのことをJRはもっと考えるべき損益分岐点にあると考えます。

夏の本格的な旅客輸送時期にこうしたトラブルでの損失は大きいと考えます。なので、安全対策への先行投資を怠ってはいけないということでしょう。

« バス不足 | トップページ | 複合観光施設 »

「ニュース」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事