ギャンブル

2013年7月30日 (火)

IRとふるさと会

早朝から、議会関係者の告別式に顔を出し、引き続き議会で打ち合わせ後、午後にIR(統合型リゾート)誘致の要望を地元が行うのに同席しました。

Ir俗に、カジノ法案とも言われる複合観光にかかる法律が国でもようやく成立への動きがあり、その誘致活動の一環で地元市長が知事に要望するに至ったところです。
北海道で市町村自治体が名乗りを上げるの初めてのようで、知事も待ってました、とのことで相当前のめり感たっぷりな様子でした。
知事も、カジノは是非導入したいグループだったとはちょっと私は違和感を覚えますが、本人がおっしゃているのだから間違いないでしょうね。10年も前から熱心に関心をもって取り組んでいたそうです。
今後、賛否含め実務的な視点で、推進しているマチを中心に議論されていくこととなりま
す。
Photo_2そして、その夜はふるさと釧路会に出席です。札幌でのこの時期のふるさと会への参加ははじめてですが。大盛り上がりでした。ペコちゃん争奪戦の一幕です。
最後は、ふるさと発展を祈念し、私が万歳三唱でした(笑)

2013年5月27日 (月)

金山

Photo 地元の近隣の町で金山があるということで、地元町長さんはじめ関係者で視察させて頂きました。今後の観光の切り札に!というこも含め、いざ山中へ!

今日は結構気温も上がり、山の中は風も無いので、かなりな暑さでした。
結構な斜面を歩き続け、山頂付近にその石があり、画像ではわかりにくのですが、水晶を形成しているような石やキラキラとにかく光っている石など様々で、簡易測定でもレアアースの含有が認められているとかで、詳細な分析が必要かと感じた次第でした。
帰りの途上で、せせらぎで休憩となりましたが、そこになんとサンショウウオの卵を発見するなど、ちょっと感動したところでもありました。
春を越えて、夏が来たと錯覚するほどの暑さでした!

2012年3月17日 (土)

日本カジノ創設サミット

全国のカジノ推進団体が一堂に会するイベントが、今年は地元の阿寒湖畔温泉で開催され参加しました。
Dsc_0237この画像は、パネルディスカッションの様子ですが、議論はカジノにとどまることなく、複合観光としての様々な可能性について意見交換がなされたところです。
自治的な経済の活性化の可能性にも触れ、大いに期待のもてる事業になるかもしれないと感じたところです。また、国内における法制化も進められ、今国会中に何か動きがあればいいなとも思ったところです。今年がカジノ元年になるよう期待したいです。

Dsc_0231


このサミットに参加する前に、同僚道議と共にエゾシカステーションや丹頂の給餌の状況を視察しました。こちらは、エゾシカステーションで説明を受ける様子です。

Dsc_0233

丹頂の給餌は、この時期には飛来する数も減り、白鳥の方が多くなるということでありました。

そう言えば、あの口ばしが缶に入っていt丹頂のことを聞くのを忘れました。

夜には、カジノの懇親会を中途で抜け、東北海道体操競技大会の参加団体の懇親会が開催されており、その会場へ向かい歓迎挨拶です。北見や東藻琴、網走旭川帯広などなど例年より参加者も多く、明日の本競技が楽しみです。
懇親会で各テーブル回りも終わったところで、また阿寒湖畔へ戻り、明日の同僚道議等の送迎も含め対応もあることから、そのまま温泉に宿泊です。

2009年2月 2日 (月)

如月

二月になりましたね。

週末は、使用で札幌に出掛けていました。
snowがとても少なかったかな。
それでも昨日は結構な雪の降りでしたが、地元の方の話では降り方にムラがあるとか。
異常気象の影響ですかね。

さて、今日複合観光に関わるゲーミング(カジノ)についてのセミナーに参加してきました。
同時に模擬カジノも開催され、今後の観光を軸とした地域振興の起爆剤に成り得るテーマとあらためて考える一時となりました。

議会においても今後メリット/デメリットの両面から研究を進めるべきテーマと考えます。

Photo_3
セミナーの一こま

2009年1月27日 (火)

交流

時々地元以外の議員との懇談なんかがありますが、今回は「まちと暮らしのネットワーク」主催による地域振興という観点で、隣の帯広市議団との懇談の機会がありました。

秘書時代より懇意にしてる議員もいたりで、懐かしい部分もありでしたね。

帯広からは、エコとビジネスということで事例紹介があり、また地元からは複合観光としてのカジノ誘致推進の取り組みの紹介でありました。

共に、今後の地域経済の活性化に向け、果敢に取り組む姿勢があり、また今後の地域間連携などによる活性化も話題になったところです。

議会でも取り上げるべきテーマでしたね。

Photo

懇談の一こま。